日本人観光客ってマナーはいいの?・・・いや、そうでもないと思う

1 / 4 ページ


のっけから挑発的なタイトルを書いてしまったけれども、別に誰かにケンカを売っているわけじゃない。私自身、これまで海外を訪れた際に、「日本人です」と言うといい対応をしてもらったり、親切にしてもらったりする経験をたくさんしてきた。


日本に旅行に行ったことがあり良かったとか、働いたことがあるとか、日本人の友だちがいるとか、行ったこともないし、日本人の知り合いもいないけれどもインターネットで見る犬の動画が好きとか、ジブリアニメが好きとか、ニンテンドーとか、多種多様な理由で大抵の場合、日本にいい印象を持ってくれている。海外で「どこかから来たアジア人(個人的には東洋人と言われる方がまだ好き)」が「日本人です」と言った瞬間、相手の目がパァって明るくなるのを何度も見てきた。


だから、私の前にその人と交流があった先輩方には大変感謝している。その人が日本に来たときに丁寧に対応した店員さんとか、親切にしてくれた人とか、私の前にその場所を訪れた人の感じがよかったとか、そんな多くの方々のおかげで海外で好意的な対応をしてもらってきた。


観光で海外に行く日本人も比較的いい印象を持たれていると思う。以前、ギリシャで「日本から来ました」って言うと「ここには世界中から観光客が来るけど日本人が一番マナーがいいわ」と言ってもらったこともある。だから長年そうなんだろうなと思っていた。



けど・・・

本当にそうなのかな?と思い始めたのは、私がカナダのお店で働き始めてからだった。



(私が働いていたお店の近く)


(はじめに断っておきたいのですが、これから書く話は私の個人的な意見で働いていた会社とは全く関係ありません。私が働いた会社はどれも日本人観光客に好意的で大切に思っています。私自身職場に恵まれ、大変お世話になり貴重な時間をすごすことができました。でも、あえて今回この文章を書くのは日本人として、よりよい印象を持ってもらいたいという思いがあるからです。)



私がプリンスエドワード島で働いていたのは街中にあるお店だった。プリンスエドワード島は大きさでいうと東京都と埼玉県を合わせたくらいの面積に、約14万人が住んでいる場所。私がいた町は人口3万人ほど、周辺を合わせても6万人という少ない人口なので、知り合いの知り合いは、知り合い。結局みんな親戚なんじゃないかというくらいの親密度だった。歩いているだけでよく挨拶されたし、犬の散歩で通りすぎる人も、信号待ちで立っているだけでも話しかけられるくらいの穏やかな島だった。


そんな島に、夏になると世界中から100万人ほどの観光客が訪れる。一番はもちろんカナダ国内から、次にアメリカから、そしてなんと外国人観光客としては2番目に多いのが日本人観光客だった。


私が働いていたお店は、その島出身の世界的にも有名な作家の末裔が営むお店。全店舗を合わせて30人ほどいるスタッフの中で日本人は私だけだった。だからハワイ、オーストラリア、アメリカ等の大都市にある日本の芸能人が開いているお店のような、スタッフの多くが日本人というお店とは訳が違う。オーナー家族は島人だし、同僚も島人かカナダに移民して来た人たちだった。


島の冬は長い。11月頃から雪が降り始め、4月頃まで降ることがある。だからその期間は観光客も来ないので、街のお店はゆっくりと営業することになる。そして夏になると一気に観光シーズンになるのだ。


日本人観光客と一口に言っても様々だ。カナダの他都市に留学中してる間に旅行でやってくる若者、ハネムーンカップル、アメリカ勤務中の家族連れ、世界を旅するご夫婦。そういった個人旅行でやってくる方は大抵マナーがよかった。


問題は、団体ツアーでやってくる50代〜80代くらいの女性達。

それは一部でしょう、と言われそうだけどいやいや、この島にやってくる日本人観光客の中で団体ツアーでやってくる人の割合は結構多い。だから軽視できない話なのだ。


このSTORYSに書いても、読んでいる方はきっと情報収集をたくさんしていて、見聞も広いだろうから私が読んで欲しい肝心の人たちとは違うと思う、でもちょっとでも、なにか動けばと思い書きたい。


私がそのお店で働き始めて1年目。日本語で話せるのがうれしかったこともあり、日本からの団体ツアーのお客さんも気持ちよく対応していた。でも徐々にあれっ、何かがヘン?って思うようになった。2年目、同僚とも信頼関係ができて遠慮せずに同僚の本音も聞くようになった。そしたらこれは・・・?と疑問が出てきた。具体的に書いてみたい。


①あれっ?挨拶しても反応がない・・・(泣)

私が働いていたお店は、入口にドアがあってお客さんが入ってくるとチャリンと鈴が鳴る。すぐ見えるところに店員が立っていた。だから私達は誰かが入ってくるとHello!とにっこり挨拶する。カナダ、アメリカ、その他海外のお客さんはにこっとHello!と返してくれる方が9割以上。フランス語圏からでBonjour!と返されるとこちらもBonjour!と言い直していた。

でも・・・日本人観光客で特に団体ツアーの方は挨拶してくれないばかりか、こっちを見てもくれない(泣)人が多かった。たまにペコッと頭をさげてくれる人がいるくらい。普段他のお客さんが挨拶返してくれる分、なんでこの人たちはこんな態度なんだろうと思った。


とは言え、私も日本に帰ってくると全くわからなくもない。都会のコンビニで「いらっしゃいませ」と言われて返事はしないことが多い。「いらっしゃいませ」に対する返事って難しい。私は[いらっしゃいませの弊害]だと思っている。


みんなの読んで良かった!