学生だった僕が自転車で東北へ向かい,御輿を作ることになった話

1 / 7 ページ

どこから書くのがいいのだろうか。

この物語の一番最初は。



今回の出来事は本当に僕の周りのたくさんの出来事が一つに集約し起こせた奇跡だった。

御輿、災害支援、祖父、たくさんの仲間。



少し長くなるが、地震が起きてからあの日、決心して自転車のペダルをこぎ始めた時から書き始めることにする。


2011年3月11日、東日本大震災が起きた。


それから僕は、何かしたい、しなければ!その思いでいっぱいで一度故郷である横浜に帰ったものの、すぐつくばに戻り自転車で宮城へと出発した。


100㎏を優に超える荷物を自転車に積み



何の当てもなく、ただ行けば必ず何かできる、できなかったとしても、できないことを確認したい。そう思い激動の中でペダルをこぎ続け、茨城県北、福島、仙台に立ち寄りながらちょうど一週間かけて宮城県南三陸町へと辿り着いた。


それから様々な支援を行った。


初めはボランティアセンターに所属し割り振られる仕事をただこなすだけだったがまだ機能しきらないボランティアセンターに満足できず、自ら避難所をまわり何かできませんか?とニーズを探した。


そこで辿り着いたのが入谷小学校という避難所だ。




約40世帯、100人以上が体育館に避難していた。



そこで僕が一番最初に行ったのは机の製作である。

木工の技術と40種類以上の道具を積んでいったおかげで廃材を利用し簡単に作ることができた。

避難所では学校のものを借りているため数や大きさの融通が利かない。

そのためそこにあるもので作れる僕の技術は重宝された。






みんなの読んで良かった!