【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

1 / 6 ページ


うちの父は長崎出身のTHE九州男児。

見た目も性格も。

寡黙で真面目で照れ屋で、

でもお酒入ると熱弁し出して少し厄介。

そして、とても優しくて家族思いの素敵な父です。


私はお父さん子でした。

お風呂も父と入っていたし、

勉強も宿題も父にいつもお世話になっていた。

食べ物の嗜好や考え方も母より父とのほうが合い、

私の人生において、父はとても大きな存在です。


私の父が定年を迎えることを聞いた時、

45年勤続し家族を守ってきてくれた父へ

何か最高のプレゼントしたいと率直に思いました。


世界でたった一つの、家族にしか出来ない、

そんなプレゼントを、これまで家族のために

真面目に一途に頑張ってきた父にどうしても送りたかった。


そのプレゼント企画は、一番父を思う私にとって

全くもって苦でもなく、次々とアイデアがわき、

これだ!と思えるアイデアがすぐ思いつきました。


私たち家族にしかできない、そして私にしか企画・実行出来ない

サプライズプレゼント。

すぐに母親、兄2人に企画案を送り、早速実行に移しました。


そんな父は、長崎の工業高校を卒業し、集団就職の波に乗り、

東京の会社へ就職。

配属が横浜工場となり、そこの製造部で定年を迎えるまで45年間

勤続した。

途中海外転勤などもありましたが、それ以外は毎日そこへ通い、

景気がいい時は残業も多く、夜遅い日もありましたが、

総じて父の仕事が辛そうという顔はあまり思い浮かばない。

家に帰って、愚痴を吐いたり、ぐーたらしている姿はほとんどなかった。

逆に、いつも穏やかで(大河ドラマと将棋を見る時だけは神経質で

うるさくすると怒られましたが。。)疲れているはずなのに、

私の話をよく聞いてくれ、私が陸上部で毎日筋肉痛で疲弊していた時は、

私の足や背中をいつも揉んでくれた。

私もなんとわがままな娘なのだろうか、父の帰りを待ちわびて、

みんなの読んで良かった!