顧客ゼロから予約待ちのお店になった話

1 / 2 ページ


お客さまA
「いつも予約がいっぱいですごいですね!」
お客さまB
「賀葉さんのお店は予約出来ないから押さえておいた方がいいよ!」

そんな風に最近は言われるようになりました。


しかし、はじめはお客様ゼロ。

開店して2か月後(2011.3)に関東大震災。

東京が地元でもない私に人脈は無し。



私が【予約待ちのお店】が作れた経緯を今日はお話しします。


。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。


私の開業は何となくスタートした。



エステの仕事をして18年。

「やっぱり自分でやってみたいな」



そんな風に考えてたら勤務してた会社の組織変更がありました。



私が異動した先は「望む場所」ではありませんでした。

だから「今かも」と思ったのです。



そう。嫌だから辞めた。

とてつもなく身勝手なきっかけです。



しかし、転勤できた東京。

知り合いは会社の人くらいしかいませんでした。



予算もあまりなく無理なくマンションの一室からのスタート。

場所もその時たまたま住んでいた場所から近い「北千住」という下町を選びました。



マンションの一室の家賃は11万。

お店を出すにはローコストではありますが、当時独身だった私は、

毎月の給与がゼロになる上に、

自宅(9万)以外にさらにサロンの家賃(11万)を毎月払うのは正直自信が有りませんでした。




僅かな貯金を開業資金とし、残ったお金は100万程度。

一年もつか不安でした。




チラシも使わず、集客ツールは【ブログ】のみ。

初めはお祝いを兼ねて少ない友人が来てくれました。




後は価格を安くし、キャンペーンを組んで集客したら少しお客さんから予約が入り始めました。


『でもこの価格では私の給与がでない…』


無理して朝から晩まで働きました。





しかしこの時すでに40歳手前。体力も限界でした。




さらに追い討ちが…

オープン2カ月であの大震災がおこったのです。


目の前が真っ暗になりました。

お客さまも一気にいなくなりました。

2011年は私にとって忘れられない年になりました。




暫くお店を休み、実家のある名古屋に帰りました。

その時に、この震災で【なぜ私はこの店を始めたんだろう?】とゆっくり考えたのです。




私はよく前職のお客様から「賀葉(かよ)さんに会うと元気でるわ!また会いたい。」と言われてました。


そうか…「私は人を元気にするのが取り柄かも知れない・・・。」



それに【喜んでもらえる事が何より嬉しい!】そう思ったのです。





お店を休んでいても家賃は発生しています。

余震がまだ続く日々でしたが一旦東京に戻りました。



2011年3月忘れられない月。

売上は114000円しかありませんでした。

家賃が11万。他にも経費はありましたから既に赤字です。




でも心に決めました!

【売上のため】ではなく【日本が元気になるために!】

私は働こう!



その決意のために114000円を東北に全額寄付しました。

この寄付は正直、気が変わりそうなほど思い切りが要りました

のどから手が出るほど欲しい売上。

しかし、この想いを忘れないようにする為には、「これ位の覚悟」が私には必要だったのです。




北千住の片隅。

12畳程度の一室のエステサロン。

こんな小さなお店でも世の中の力になれる!!

みんなの読んで良かった!

他2コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。