顧客ゼロから予約待ちのお店になった話

1 / 6 ページ


お客さまA
「いつも予約がいっぱいですごいですね!」
お客さまB
「賀葉さんのお店は予約出来ないから押さえておいた方がいいよ!」

そんな風に最近は言われるようになりました。


しかし、はじめはお客様ゼロ。

開店して2か月後(2011.3)に関東大震災。

東京が地元でもない私に人脈は無し。



私が【予約待ちのお店】が作れた経緯を今日はお話しします。


。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。


私の開業は何となくスタートした。



エステの仕事をして18年。

「やっぱり自分でやってみたいな」



そんな風に考えてたら勤務してた会社の組織変更がありました。



私が異動した先は「望む場所」ではありませんでした。

だから「今かも」と思ったのです。



そう。嫌だから辞めた。

とてつもなく身勝手なきっかけです。



しかし、転勤できた東京。

知り合いは会社の人くらいしかいませんでした。



予算もあまりなく無理なくマンションの一室からのスタート。

場所もその時たまたま住んでいた場所から近い「北千住」という下町を選びました。



マンションの一室の家賃は11万。

お店を出すにはローコストではありますが、当時独身だった私は、

毎月の給与がゼロになる上に、

みんなの読んで良かった!