ホリエモンに翻弄されて破産しかけたのに、貧乏神に嫌われて裕福になった話

1 / 2 ページ

■お金のプロなのに、破産しかけたワケ

ライブドアがフジテレビに買収をしかけた頃

私達の人生がホリエモン(堀江貴文氏)に翻弄される

ことになるなんて、夢にも思っていませんでした。



私は、とあるメガバンクに勤める銀行員ですが、ある事情から

普通の銀行員がしないような経験

をしています。


仕事は「お金のプロ」として

企業や個人を相手にコンサルティングや資産運用・借入のアドバイスをすること。

20年以上にわたって、お金にまつわる数々の成功例や失敗例を見てきました。



そんな私が借金地獄に陥ったのは

ホリエモン率いるライブドアの証券取引法違反がきっかけでした。


将来に備えて始めた株取引で取り返しがつかないほどの借金を抱え

ライブドアショックに続く株式大暴落で破産寸前まで追い込まれた

のです。


仕事では何食わぬ顔でお客様に資金繰りや事業投資等のアドバイス

をしていましたが、プライベートは火の車です。


限界まで家計を切り詰めた貧乏生活を送り

私がアドバイスをしてもらいたいくらい

でした。



それが一転して5年で借金を全額返済し、今では数億円もの資産があります。


会社勤めをしなくても、家族そろって幸せに遊んで暮らせます。



■貧乏神に嫌われると、お金持ちになれる!?


なぜ、莫大な借金を抱え破産寸前だった私が、経済的に自由になれたのか?


それは「貧乏神」に嫌われたからです。



あとで分かったのですが

貧乏のどん底で私達がとった行動は

貧乏神が一番嫌がる行動だった

のです。



それはさておいて

どん底での生活がどんなものだったかを簡単に紹介しましょう。



■銀行員が味わった、お金がない恐怖


破産しかけて、はじめてお金のない恐怖を知りました。


そこで、私達は少しでもお金を工面しようと

家にあった「使わない品々」をオークションやフリーマーケットで売り払いました。


その一方で、「生活に必要な品々」もフリーマーケットで仕入れました。


フリーマーケットには意外と良い品物が多く

総額300円で買った衣服を身にまとっていましたが、誰からも気付かれませんでした。


食べ物は賞味期限ギリギリで廃棄処分まぎわの食料品でしのぎました。


たまたま近所に見切り品を専門に扱う激安スーパーがあったので

そこを冷蔵庫代わりにしたのです。


賞味期限ギリギリでも、期限内に食べれば、普通のスーパーで売っている食材と同じです。


しかも賞味期限ギリギリなので、いますぐ食べる分しか買いません


結果的に食料を買いすぎて腐らせて無駄にすることも無くなりました


ちなみに、キャベツの外側の葉は無料です。

30円のサンマ、10円の豆腐や納豆に至ってはごちそうです。



でも、1つだけ悲しいことがありました。


それは、種類の違うサンプル化粧品を使い続けたせいで

妻の肌がみるみる荒れてしまったことです。


妻の荒れた肌を見るにつけ、自分の所業を悔いて、

妻だけにはこれ以上辛い思いをさせたくはない

と思うようになりました。


そしてその時に「とにかく妻を裕福にしよう」と心に決めたのです。

そのイメージを「夢実現シート」というストーリー形式の未来年表にも記しました。



■貧乏でも、お金持ちになれるカラクリ


ところで先ほど

「極貧のどん底で私達がとった行動は、貧乏神が一番嫌がる行動だった」

とお話ししました。



実はいまお話しした貧乏生活のエピソードこそが

まさに「貧乏神が一番嫌がる行動」だったのです。



それが何だかお気づきになりましたか?



ポイントは3つあります。



■貧乏神に嫌われる極意その1


1つ目は

「必要なモノを必要な分だけ買うようになった」

ことです


著者の坂下 仁さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。