大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『石の上にも三年』

前編: 大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『プロの仕事』
後編: 大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『最終話』

ゆとり世代と言われる同期と。。。


私は大学を遅れて卒業した為世間でいう「ゆとり世代」とともに入社し2年後には4分の1の同期が様々な理由で退職しましたが、仕事をしていく上でほとんどの人間の能力にさほど大きな差はないですし、差が出るとすればあるのは「やる気」の差です。



就職して2年目と3年目では全く見える世界が違います。

特に私がしていた営業においては知識や経験と共にスキルが磨かれていきます。

もちろんその先もそうだと思いますが「石の上にも三年」ということわざがあるようにブラック企業やコンプライアンスに問題のある会社も多いですが3年だけ続けてみるのもいいかもしれません。



会社にはゆとり上司も多いです。以外と。笑




そんな会社員生活を終え長年の目標であったヨーロッパへ向かいます。




続きのストーリーはこちら!

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『最終話』

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。