14歳でイギリスに単身留学したら、色々あったよ☆というお話 第4話

1 / 2 ページ

前編: 14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第3話
後編: 14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第5話

深い森の中の村落....

たどり着いたその街の様な学校、場所はReadingというロンドンから山越え谷越え80Kmくらい?西にいった所にある州。UKの音楽フェスでも1.2の知名度を誇るReading Festivalで有名なあのReadingです。


最初たどり着いたときの事は正直あんまり覚えていませんが、とりあえず寮に到着して

(あーここが寮ね、学校はここから近所にあるのね)と思ったのは何となく覚えているのですが

近所というか、、


どう表現していいのかわかりませんが、学校=街なのです。寮があって、普通の公道はさんでまた別の寮があり、教室があり、グラウンドがあり、売店があり、、、、、公道なので普通の人も車もいっぱい通るし、学校備え付けの郵便局は一般の人と兼用でした。


(実際の学校の航空写真)

わかっているだけでこれ全部敷地。もしかしたらもうちょい広いかも。

日本の大学に近いっちゃあ近いんですが、それよりも規模が数倍にでかく、

結局卒業まで、どこからどこまでが学校の敷地だかわかりませんでした。


写真見ればわかりますが、大きな森の村落の様なロケーション。

とはいえ、約半年に渡るど田舎生活を経験していたので

むしろ売店もあるし都会だな!と、おかしな感覚になっておりました。

調べてみたら、学校のHPがだいぶ新しくなっており

私が過ごした寮のプロモーション動画みたいなのが出来てました。

昔はこんなのなかったのに。。。。。これ見てもらえると

イメージつきやすいと思います。

https://vimeo.com/86408261



初めての7人部屋


簡単な入学式も終わり、部屋に案内されました。

はい、きた、7人部屋!!

日本の◯務所の様な全寮制でも4人部屋だったので、

7人部屋のいわゆるドミトリーは初でした。


いいイメージ写真がなかったのですが、簡単に説明すると

おおーきな1部屋についたてをいっぱい置き、7人分のパーソナルスペースを作った感じ。

各々のスペースにはシングルベッド、勉強机、ロッカー、簡単なクローゼット、

そしてtuck boxと言われる日本じゃあまり聞きなじみの無い、大型貴重品入れみたいなもの。

(団体生活ではこれがマストアイテム。)



そのパーソナルスペースですが、壁で仕切ってるだけなので

もちろんドアは無く、屋根も無い。ちょっとベッドに登って上から部屋中を見渡せば

誰がなにしてるか一目瞭然な作り。昨今、プライバシー云々は厳しくなってきておりますが

プライバシーのかけらもありゃしない生活環境でした。


みんなの読んで良かった!