14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第5話

1 / 4 ページ

前編: 14歳でイギリスに単身留学したら、色々あったよ☆というお話 第4話
後編: 14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第6話

起床、そして朝食


起床時間は詳細には覚えていませんが、多分午前8時くらい。

Matron(寮母)、もしくは係の生徒がハンドベルをガランガラン鳴らして

寮中の生徒を起こしにきます。これはどうやら伝統みたいです。

うるせえと思いながらも、日本の寮では毎朝校歌が目覚ましだったので

それに比べるとだいぶマシです。


寮生活でももちろん制服があり、ブレザーです。

こんな感じ。
朝食食べに行くときもこの格好です。当時は生活の一部だったんで特になにも思いませんでしたが、

今見るとシャレオツですね。


朝食は、学校内にあるでかい食堂でした。

いわゆるお盆と食器もって列になって、順番にサーブされるいわゆるアレです。

で内容はというと、やはり




とてもTypicalなイングリッシュブレックファースト。


イギリスいってたって話をするとほぼ必ず聞かれるのが、(イギリスってご飯まずいんでしょ?)

というやつで、特にこの朝食にでてくるベイクドビーンズに抵抗ある人が多いのですが、

約5年間、ほとんどを寮で過ごした経験からいうと。。。



毎日食ってれば慣れます。



慣れるどころか、だんだんおいしくなってきます。

今でもこのベイクドビーンズを揚げ食パンにかけたやつは、たまにムショーに食べたくなる思い出の味です。確かにいくつか、結局最後まで好きになれなかったイギリス伝統の料理、食品もあるのですが、それに関してはまた今度。


朝食終わったら授業となるのですが、

授業&英語に関してもちょっと後ほど書きます。



何時の時代も。。。。。


入学して寮に入った当初は、

記憶もだいぶおぼろげなのですが、

みんなが様子を伺う感じで。

まあ、ここらへんは誰もが入学当初に経験のある雰囲気ですね。


みんなの読んで良かった!