クレーム受付係として毎日怒られ謝り続けていたOLが、たくさんのお客様から感謝される仕事に出逢い『あなたじゃなきゃ』と笑顔で言ってもらえるようになった話

1 / 4 ページ

  

今日もありがとう!!

今回も予想以上ーー!楽しかった~♪

また来月よろしくね~~


そう言って笑顔で手を振って帰って行かれるお客様。


お客様が今日も笑顔で『ありがとう』って言ってくださる


そんな奇跡


5年前の私は知りませんでした。




私は中小企業の事務として働いていた。


配属先はクレーム・要望受付の部署。


毎日電話口で怒鳴られ、嫌味を言われ、謝る。



5年もやってれば、不機嫌な客達からの電話も

慣れっこになっていた。


ただ、毎日、自分の人生を無駄にしている感


それは否めなかった。


楽しくないし、やりがいもない


3年もした頃から、

さすがに「このままでいいのかな~」って気持ちが生まれ、

それは日増しに

「なんとかしないと」に変わって行った。


どうせやるなら、
人に喜んでもらえるような仕事をしなさい


昔、父に何度か言われた言葉。

それが頭に浮かぶ日が、増えた。



なんとかしたいけど・・・

お金ない、コネない、人脈もない


それどころか

資格もない、取り柄もない、夢もない


おまけに言ったら

根性もなければ、負けん気もない


もう、びっくりするくらい

なんにもない。


そんな私がまた企業に転職したところで、

ずっとやりたいと思える仕事なんて、できるわけないか


そう思った。


自由に楽しく働きたいな。


というか、謝るより

「ありがとう」って言ってもらえる方が多い仕事がしたい。


自分で何かやってみたい


漠然とそう思った。



冗談みたいな行動

ここで普通なら、

自分が何ができるのかを考えるだろう。


でも私は、こともあろうか

起業して既に自分で何かをやっている人達に

突然会いに行くという、わけのわからない行動に出た。


しかも丸腰で。


当然ながら、肩書なんてない。

名刺すらなかった。


当時流行り始めていたブログで見つけた

起業している女性向けの会に

行ってみた。


申し込むのは、ちょっと勇気がいった。


少人数制と聞いていた通り、

6~7人の人がいた。


皆、やりたい仕事を自分でやっている人。

会社やお店、サロンなどをやっている人。


つまり組織のトップ。


ラッキーなことに

おバカな私は、そこをスルーできた。


なぜなら気付かなかったかったから。

彼女たちが『社長』だってことに。

あまりにも

自分の働いている会社の社長と違っていたから。


それが幸いして、

私は委縮することなくその会を楽しく終えることができた。


恵まれていた。


主催者を始め、みんな優しかった。

楽しかった。

誰も威張ってなかった。


皆、好きなことを仕事にして

楽しく働いていた。


私もそうなりたいと思った。


行って良かった。



みんなの読んで良かった!

他6コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。