高速の料金所でマイカー出産した話 4(完)

1 / 2 ページ

前編: 高速の料金所でマイカー出産した話 3

ダンナサンはどこに行った?

と思いつつ、私は次の陣痛を待つことしか出来ませんでした。

1度出産を経験しているので、“その時”がすぐそこに迫っているのが分かります。

座席に浅く腰掛けると、顔の横あたりにあった車のアシストグリップを握りしめました。


くるぞ、くるぞ、きた!

猛烈な痛みと連動して、体は再び、いきんでいました。

うううううううんんんんんんん・・・

頭が出た。

感覚で分かりました。でも、どうすることも出来ません。

手はずっとグリップを掴んでいました。


またくるぞ、くるぞ、きた!

うううううううんんんんんんん・・・

焼けるほどの痛みの後に、どぅるんと、下半身を圧迫していたものが出ていきました。

産まれた!!!!!


痛みから解放された私の頭は急に回り始めました。

赤ちゃん、大丈夫?

履いていたグレーのスウェットを下ろすと、赤く染まった中に赤ちゃんがいました。

そこでまた、あのテレビの内容が浮かびます。

専門家のいない所で出産した場合、どうしたら良いかを教えてくれていたのです。


『第一に産声をあげるかどうか。泣くことで肺に空気が入り、呼吸が始まる』

『もし泣かない時は、口の中に何か詰まっていないか確認する』

こわごわ抱き上げた私の膝の上で、赤ちゃんは「ほげぇ」と泣きました。

大丈夫、泣いた。

『濡れていると体温が下がるので、体を拭く』

破水で座席が濡れないように、持ち込んでいたタオルが何枚かありました。

それで赤ちゃんを拭き、乾いたタオルでくるんで抱っこしました。

まさか自分で取り上げるなんて・・・嬉しさも感じていた気がします。



あれ?そういえばダンナサン?

電話をかけると言って車を降りてから何分経っていたのでしょうか、まだ帰ってきません。


私はワクワクし始めました。

早く帰ってこんかなぁ、きっとビックリするわ。

そう思った時に運転席のドアが開き「救急車呼んだよ」とダンナサンがこちらを見ました。

私はニカッと笑って「産まれたよ」赤ちゃんを抱き上げてみせました。

その時のダンナサンの驚いた顔といったら・・・おかしすぎて忘れられません。


ダンナサンは後で言っていました。

みんなの読んで良かった!