人と比べずありのままを表現しよう!元・コンプレックスだらけの私が『どうせ私なんかを卒業』し起業する決意をした話

1 / 10 ページ


「どうせ私なんか価値がない。」


そんな事、思ったことありませんか?

私、あります。



高校2年の夏。大好きだった彼氏に


「今まで付き合った女の中で一番可愛くない」と宣言されたのです。


その日を境に、外見コンプレックス&自己価値ゼロ人間になった私。


その口癖は「どうせ私なんか・・」


 何も動き出さないまま、あきらめる。


「どうせ私なんかにできない」「どうせ私なんか誰も好きになって貰えない」


「どうせ私なんか存在価値なんてない」とまさに自己価値ゼロだったのです。


【私のコンプレックス・スペシャルがない】

「おまえに何ができる」

「おまえに残せるものは何かあるんか」

「劇団辞めて就職しろ。」

「30代、独身、彼氏もいなきゃ、資格もない。貯金もない。」

「そんなお前に、何がある?」

「今のおまえに何ができる?」

「今のおまえに何が残せる?」 

「今、おまえには何もないぞ。」



数年前、友人から言われた言葉。

32歳、独身、彼氏なし、貯金なし、資格なし。

そう、資格も無ければ正社員で働いた事もない。


派遣で働く劇団員の私。


「何かやりたい」と思っても、


現実はバイトと劇団と家の往復でした。


同じ時間に電車に乗り、同じ時間に帰宅して寝る。

みんなの読んで良かった!