友人と呑みに行って ~その1-2~

【吉祥寺酒 ある公園編】


~~~前回までのあらすじ~~~


突如、吉祥寺に飛来した、ミルミル星人のニューサンキン攻撃により、

ヤクルト製品でしか栄養を取れなくなったひゆき。


ニューサンキンをかわしたかに見えたSさんにもわずかながらに、

飲んでしまい、語尾にジョアと付けてしまう病気に。


ひゆき
Sさん、なんとかミルミル星人から、

 特効薬のソフールを回収しないと
Sさん
そうジョアな


僕たちの企みをミルミル星人たちが、許してくれるはずもなく、

攻撃を受ける二人。


ひゆきたちはソフールを手に入れることが出来るのか。

後半が始まります。



はい、もちろん嘘です(笑)



~~~~~本当の話はこちらから~~~~~







人が温かい1件目の酒場を抜ける少しだけ歩くと、

そこそこ有名な公園に辿り着く。


この公園内で親に撮ってもらった写真の記憶から、

僕の人生が始まっている。


4歳という記憶から始まるのが、早いのか遅いのかは分からないが、
僕は来る度に懐かしさが溢れて来る。


近年、人気があり過ぎる吉祥寺という街の影響からか、

人が押し寄せてくるので、平日しかほとんど歩かないが、
たまに深夜に歩きたくなる。


動物園から聞こえる鳥の鳴き声が時折聞こえる、

公園の外れの綺麗になってしまった片隅で、

僕はよく缶ビールかチューハイを片手に呑むのが好きだ。


相手はだいたい、1でも登場しているSさんで、

今回も相手をしてもらった。


ぶらりと歩道を二人で歩く。

整備が行き届いているのも、全国的にファンの多い、

アニメ映画の美術館が近くにあるからだろう。


観光地でありながらも、独自の自然や雰囲気を保っている。


この道を通るたびに、

散歩という曲を歌いながら、歯の生えそろった大きなネズミのような

妖精のぬいぐるみを探す。


夜だとうっすらとだけ見えるだが、この日は発見できなかった。

Sさんとの会話に集中しろという意味だろう。


あのオカリナは吹いてみたい。



会話と一人で繰り返す妄想を繰り返しながら、

Sさんとコンビニに向かう。

僕たち二人のホットステーション。



ハイボールとチューハイを買い、Sさん家近くのベンチに座る。



まあ、いつもいろんな話をし過ぎてどれがどの場面だが、
思い出すのは一苦労。



この日は、Sさんの子供の話だった気がする。

すっかり父親の顔になっていて、

純粋にすごいなと本人の前でも言った。



自分の受け継がれた遺伝子を持った人間がいるという、

生命の神秘を一人で感動して、うんうん頷いていたと思う。


砂時計のように、ゆっくりと進む時間の中で、

さきいかをつまみながら、缶チューハイをごく。


会話の内容は覚えていないが、老人になっても、

時折飲み交わしたいと感じる夜更け。


Sさんを送り、空を見上げて星を確認して、帰路に。


次の日に残らないようにスポーツドリンクを飲みながら、

歩いて帰るとなんとなく、いつもよりも早く着くような気がした。






マイスタイルコーディネーターひゆきの普段の生活

http://hiyuki777.net/

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。