子供を愛せないまま、愛を与える事も無く、世間体だけ気にした子育てしか出来なかった75歳のじぃじ&ばぁばの出番を演出して、自分を守ろうとする38歳童貞を捨てたばかりの夫

1 / 3 ページ

前編: 38歳童貞を捨てた男の無駄な行動は早かった…
後編: 38歳で童貞を捨てたら、脱童貞記念日に赤ちゃんを授かった♡ なんてファンタスティック!!と思いきや・・・
『ピンポーン』

結婚前には、このお義母さんとなら仲良く出来そうという想いもあって、こんな何にも無いド田舎に嫁いで来た。

だが…初日から結婚前と後では、言っていた事が全部嘘だらけだったと解った。
お金に汚く、優しさや思い遣りも無い、ただの外面だけ良い世間体が第一の姑だと知るハメに…。

その姑が、38歳童貞を捨てたばかりの息子に夜中にも関わらず、車を30分掛けて飛んで来た。

75歳にして、運転出来るのは凄いなと思う。

そして、その年齢にして女を全面に出して舅や息子に媚びを売れる所も見習いたい所ではある。

ガチャっ!

牛乳ビンの底の目をした姑が入って来た。

夫「俺は何にもしてないんだ!
妻がー!俺は悪く無いー!!」

妻、冷静に姑に事情を話した。

ふと妻が夫に「流産させたいの?」

と聞いたら、夫は無言になってしまった…

間を置いて

夫「そんなわけないだろ…」

その時!姑の牛乳ビン底の目がピカッと光った

妻「とにかく、今出血しているから横にならせて貰っても良いですか?」

姑「ねえ〜。お母さんの電話番号を教えてぇ〜悪い事は言わないからぁ〜」


私の父は他界している。
実家に母独りでは生活しにくいからと、家を売り払い地元の老人ホームで暮らしている。

要するに、私に頼る実家は無い。

しかしながら、結婚してしばらく経つのに、今更ながら母の電話番号だなんて…

みんなの読んで良かった!