なぜ「死ね」という言葉を平気で使う若者が増えたのか、ぬるく考えてみた

1 / 3 ページ


こんなことを書く自分に「ああ、口うるさい大人になっちゃったんだなぁ」とイヤになりつつも、「あの言葉」を日常で強制的に聞かされるのはもっとイヤなので、私の思いと考察を書くことにしました。


かわいい女子高生と、かわいくない言葉

私が先日、ファミレスにいたときのこと。
離れたところに座る女子高生2人組が恋バナに花を咲かせてました。

「写真見せてよ〜」
「えーカッコイイじゃーん」
「あー、イケメンと付き合いたい〜」


大声で話す彼女たちの会話はどうしても聞こえてきます。
まあ、女子高生ならそんなもの。むしろほのぼのするなぁ。
と、あまり気にしないでいたのですが……。

突然、1人がこんな言葉を発しました。


「死ね!」


ビックリしました。
なんだ修羅場か!?
もう1人の女子高生がとんでもないことをして、彼女を怒らせてしまったのか!?

といろんな考えが渦巻いていると、何事もなかったかのように彼女たちは雑談を続けました。


なごやかに談笑する様子を見て「私の聞き間違いか……」と思っていると。

また突然、先ほどと同じ彼女が同じ言葉を発しました。


私はもう文字にしたくないので、ここでは「最悪の言葉」と書きます。


そう、彼女は何度も「最悪の言葉」を大声で発するのです。

なぜ、彼女は平気で「最悪の言葉」を口にできるのか。
なぜ、言われたほうも笑って話を続けられるのか。


彼女が「最悪の言葉」を大声で言うたび、無関係であるはずの私の心は痛みを感じました。
(とんだとばっちりだよ!)


なぜ「最悪の言葉」の大安売りは起きた?

必要ないと思いますが、「最悪の言葉」の意味をおさらいしておきましょう。

「最悪の言葉」は、相手の存在を否定する言葉です。
この世から消えてほしいほど憎い相手に向けてぶつける言葉です。
息の根を止めて殺してやりたい、でもできない。そういう場合にも意思表示として使われることもあります。

少なくとも、私の中ではそういう意味です。


言葉の意味が変わるのは時代の流れですが、 「最悪の言葉」の意味も私の知らないうちに変わってしまったのでしょうか。

仲の良い友達にぶつける言葉として、また、言われた側も思わず笑顔になってしまう言葉として、使われるようになったのでしょうか。

……あまり信じたくはありません。


彼女たちだけでなく、電車、街中、喫茶店、テレビの中からも 「最悪の言葉」を聞く機会は増えました。
男性たちもよく「●ねよお前」「あはは」と会話しています。


なぜ、このような「最悪の言葉」の大安売りは起きたのでしょうか?


若い芸人さんでもツッコミで「最悪の言葉」を使うことがあります。
ボケがなにかやらかし、ツッコミが 「最悪の言葉」を言う。

でも、私のような素人にもわかるほど、面白くないツッコミです。 ツッコミじゃなくて、ただの悪口だから。

ツッコミとは、ボケのおかしな部分を強調して、ハッキリさせて、笑いを増幅させてお客さんに届けるもの。
なのに、ツッコミでただの悪口しか言えないなんて、そんな漫才を残念に思います……。
(テレビも「最悪の言葉」のツッコミにあわせて大笑いのSEを流すため、そんな悪口が評価されているように見えて、なおたちが悪い)


質の悪いツッコミをする芸人さんを若い人たちは真似しているのかもしれませんね。

みんなの読んで良かった!