元プログラマーの文章力0男がメディア連載を経て文章で生きられるようになった話

1 / 6 ページ

文章力0のライター誕生

「記事も書いて」

「はいぃ!?」

上司の突然の"お願い"に青年はうろたえた。

 

ある高層ビルのオフィス。広いフロアに活気はなく、数人だけが自分のデスクで黙々と仕事をしている。ポツポツと頼りなく灯る照明が、人員整理されたばかりの冷たい雰囲気をさらに濃くしていた。

 

この口を開けて固まっている青年は数日前にバイトで雇われた。今は「サイト運営」の仕事について説明を受けている。

 

「き、記事も書くんですか?」

「うん」

 

涼しい顔で返す上司。

そんなカンタンに…。と思ったが、これは仕事。いちいち文句は言えない。

 

しかし…しかし、だ。

生まれてこのかた、記事なんて書いたことがない。

せいぜいmixiで日記を好き勝手に書くくらい。しかも、会心の出来だと思った日記でさえ、友人たちからコメントをまったくもらえない文章力…。

 

そんな人間に企業サイトの記事を書け、と?

 

青年の顔から波のように血の気が引いた。

 

 * * *

 

「これ以上、なにを書けばいいんだ…」

試しに記事を書き始めて30分。もう壁にぶつかった。

 

パソコンの画面には記念すべき処女作の記事。ある商品について「良かった」だの「面白い」だの小学生レベルの感想が並ぶ。

本気で頭をひねってこれだ。文字数にしてたったの150。原稿用紙1枚にも満たない文字数では記事から得られる情報は少なく、ただ広い記事スペースの海にポツンと浮いた小島のような寂しさしか感じない。

 

「こんなのでいいのかな…」

 

助けを求めて見本となる記事に目を移すが、それはまともに記事を書いたことのない上司がささっと書いたもの。商品の写真が2〜3枚に300文字程度しかない。正直、自分が書いたものと大差なかった。

 

上司に記事を見せながら質問しても「いいね!」しか返ってこない。どうやら誉めて育てる姿勢らしく、悩みが解決することはなかった。

 

モクモクと立ちのぼる悩みにフタをして、青年はバイトらしく粗悪な仕事を続けた。

 

 * * *

 

転機は意外にも早く訪れる。

 

みんなの読んで良かった!