クリエイティビティに欠ける私の作業場をアイデアが溢れる環境へと変化する様を見てくれ・その2

1 / 2 ページ

御機嫌よう、諸君。

相見えるのも2度目だね。

あれからシルバーウィークと土日と挟み、
どうしようかなぁーと試行錯誤し、
とりあえず今、私の机はこんな感じだ。

ちなみに前回はどうだったのかというと、
前記事を参考していただきたい。

クリエイティビティに欠ける私の作業場をアイデアが溢れる環境へと変化する様を見てくれ・その1

とっってもクリエイティビティに…
満ち溢れ…て…




・何を考えたのか

まずは「テーマ」を考えた。
クリエイティビティに満ち満ちた環境。
ファンタジーの要素がある環境…。

私は一つキーワードを思いついた。


「アトリエ」


だ。

クリエイターは芸術家ではないのだが、
「それっぽい環境」を色々考えた結果、
私はアトリエという単語を思い浮かべた。
作品、作業道具がごろごろと沢山あって、
手元だけが明るい部屋で、
学術書などが山積みになっていて…。
そんな部屋だ。


整理整頓が好きな私からすると、まー


真逆。


ごちゃごちゃ物があるとかもう


気が気でなくなりますよ、そんな。





・とりあえずダイソー

アトリエといえば何があるのか。


とにかく作業道具、木の机、ライト、
壁にいろんな資料…。
額縁を飾っているアトリエもあった。
見てるだけでイライラしてくる。
片付けろよ。

…と、そんなんじゃクリエイターたるもの、
発想が出てこないのだろう。
多分「どういうものを作ろうか」とか考え、
イメージをパッと起こせるものが手元にあり、
そうこうしている内にこうなったんだろう。

「物が整理されつつ、アトリエ感」


上っ面だけ綺麗でもしょうがないと思い、
とりあえず机の中の物を全部出した。

まー、よう出てくるわ。

おみやげ、ハサミ、メガネに薬…。
これでも要らなさそうな物を捨てたりと、
減らしながらなんです。
引き出しの中はパラダイスでした。


とりあえずダイソーに向かった。




・買ったものと使い方。

色々と買った。
写真は…撮り忘れた。

みんなの読んで良かった!