18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(後編)

1 / 7 ページ

前編: 18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(前編)

駅のホームの立ち食いうどん屋さんで、注文してないのに出てきたおでんは、いままで食べたおでんの中で一番、美味しいおでんだった。


 あのあばちゃんに会ってからも、僕はなんだかパッとしない気持ちの沈んだ日々を送っていた。


 なんでこうなったんだろう。覚悟したのにストイックを貫くと決めたのに、そうもうまくいかない。とりあえず、講師がいうような予習とか復習とかはし始めたし、なんだかんだ勉強はするようになったけど、イマイチ集中できないことも多い。


 勉強に身が入らないときはいつも小倉城の堀でボケッと亀を眺めていた。たまに大学生になった友達とメールしてみたけど、適当に励まされるだけであまり相手にされなかった。


「もうこのままずっと受験の世界から抜け出せないんじゃないか。。。」


「チャンスは一年にたったの一回しかない。また失敗したらどうしよう。」


...恐怖と絶望が心を支配しそうになった。


 その日もまた、授業も終わり、終電が近づき、お腹をすかせてとぼとぼと駅のホームに向かった。そして、前と同じく、立ち食いうどん屋さんに入り、入り口の券売機で1個60円のおにぎりの券を買って、「はい!」と渡し、端っこの席で待つ。


たったの60円しか払わない僕に、おばちゃんはいつでもおでんを出してくれた。



 おばちゃんはその日も「はい。これも煮込み過ぎてるんよ〜。」と言って、今度はおにぎり2つとおでんを出してくれた...。


 僕は、内心「やったね!ラッキー!」とだけ思っていた。60円でおにぎり2つにおでんとか激安!うちに帰ればごはんがあるんだし、おでんもおにぎりも美味しいし、調度いいやん!おれラッキー!

 前と同じように、

美味しかった!ごちそうさま!^^

 とだけ言って、帰っていった。


 そして、それからほぼ毎日、僕はその立ち食いうどん屋さんに通うようになった。毎回毎回、僕はおにぎり一つ60円の食券しか買わない。それを出すと、おばちゃんはほかの人に見えないようにささっと食券を取って、おにぎり2つとおでんを3つくらい出してくれる。(ちなみにおでんは1個100円!)


 だんだんとおばちゃんとも打ち解けて、少しずつ会話をし始めるようになったある日、おばちゃんは言った。

おばちゃん
みんなには内緒ね。あなただけやけんね、こんなサービスしとるんわ。

 僕は薄々気づいていたが、おばちゃんは僕ひとりにだけこんなサービスをしてくれていた。


 なんでおばちゃんは僕だけにこんなサービスしてくれるんだろう?


 その答えは、まったくわからなかった。偶然、おにぎりが安かったから入っただけのお店。僕は60円しか落とさない少年。おばちゃんと知り合いでもなかったし、初めてお店に入ったときに、特に愛想を良くしていたわけでもなかった。強いていうなら、少し暗い疲れた顔をしていたのかもしれない。


 ただ、確実にわかることはひとつあった。



 おばちゃんは僕を孫のように可愛がってくれているってこと。



みんなの読んで良かった!