ウマに夢中(6)2頭目と、デビュー馬

前編: ウマに夢中(5)法人もいろいろ
後編: ウマに夢中(7)デビュー戦

 さて、キャロットの抽選結果を経て、2頭目をどうするか考えた。

 その2週間後にシルクの募集が始まるが、どうしてもキャロットの馬と比べればシルクは見劣り感が否めないので、今年は購入見送り。

 ということで、前から気になっていたターファイトクラブの馬に申し込むこととした。Ultra-01(1歳牝 父:ディープインパクト×母:ドリームオブジェニー)、この手のクラブには珍しいディープインパクト産駒。大手であれば抽選必至だが、ここはまだ余裕があるようだった。

 そして、何より決断の決め手となったのが、放牧地を走り回る姿を見てである(DVDで)。まさにディープインパクトみたいな柔らかい筋肉の動きをする。キャロットのディープ産駒にフラれた(抽選漏れ)以上、これを拒む理由はなかった。

 調教師が飛ぶ鳥を落とす勢いの高野友和調教師というのも大きなポイントの1つだった。

 


 そして、昨年出資したマカレア(2歳牝)が10/4の阪神新馬戦でデビューする。こちらの管理も高野調教師、そして、今年うなぎ上りに実績を挙げているダイワメジャー産駒。出走表によれば周りも強敵ぞろいなのでなかなか厳しそうだが、せめて賞金圏内には入ってほしい。

 きょう届いた郵便物、何かと思ったらデビュー決定ということでマカレアの記念写真を送ってきた。こういう心遣いができるクラブは良い。(別に会員用ページで画像を観る形式でもいいけどね)

(プライバシー保護?のため若干ぼかしてますが、実際は綺麗に写ってますw


続きのストーリーはこちら!

ウマに夢中(7)デビュー戦

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。