散々おごってもらった友達に「お返し」をした時に言われた言葉がシビれた話。

1 / 3 ページ

今から2年ほど前、僕は長崎の実家に帰りました。



「両親に会う」という目的もありましたが、

「友達に会う」という目的でも帰りました。


だから、一泊を両親。もう一泊を友達と過ごしました。


「社会人になったら、学生の時の友達とは疎遠になりがち」

という言葉をよく聞きます。


だけど、僕らの場合、今でも電話し合ったり・・・

僕が住んでいる東京まで友達が会いにきてくれたりもします。


地元の友達のほとんどが、高校を卒業してすぐに働きだしています。


働き出してから気づいたことですが、

社会人と学生には大きな差があります。


自分で生活している人。

親のお金で生活している人。


意識や考え方、そして責任感。

なかなか分かり合えなくなってしまいがちです。


だけど、僕は友人たちのおかげで

一度もその感覚を味わうことはありませんでした。


いつも僕の話を大事に聞いてくれる。

心から僕がいることを喜んでくれる。


いつ会っても、そうやって接してくれました。




僕が大学に行ってる時に地元に戻ると、

「学生だから、お金ないでしょ?」

と言って全部の飲み代やコーヒー代まで出してくれる。


働き出して地元に戻ると・・・

「働き出したばっかりだから、いいよ」

みんなの読んで良かった!