百姓への道(8)鳥害?

前編: 百姓への道(7)ネギ収穫とジャガイモ芽かき
後編: 百姓への道(9)兵站100均

 秋晴れの日々が続き、暑くもなく寒くもない丁度良い天候で、ネギもジャガイモも順調に生育を続けている・・・ところに次なる難敵が現れた。それは「ドバト」

 以前からベランダに住み着いていたのだが(詳細は拙著「ドバトの犠牲者」にて)、今年の台風を機に一時期消えていた。が、また再び居座るようになっていた。

 一応鳥よけのネットは張っているが、天井まで張ると重みですぐ外れるため、園芸用の支柱を使って、半分ぐらいの高さまで張っていた。下さえ塞げば十分かと思っていた。

 が、このドバトのつがいは図々しくも、上の隙間からベランダに侵入し、プランターに入り込んできた。しかも、そこの土をついばむではないか!!

 ジャガイモのプランターはハトによって荒らされた。既に大きく成長しているものは問題ないのだが、芽が生えて間もないぐらいのものが被害を受けた。最初は土を耕していると思えばよいのだろうと思ったが、とんでもない。ハトは土を掘り返しているので、せっかく土の中で植えている者も、掘り返されてグチャグチャになってしまうというものだ。


(耕してたのか、荒らしたのか???)

 更に泥はプランターの外にも放り出されていて、すっかり汚くなった。




 ネギの被害はまだ不明。だが、刈り取って間もないので荒らされるか株が食われるかの可能性はないとはいえない。

 こうなれば新たな防鳥ネットを準備しなければならない。



続きのストーリーはこちら!

百姓への道(9)兵站100均

みんなの読んで良かった!