ドバトの犠牲者リターンズ(3)餌と滝行

前編: ドバトの犠牲者リターンズ(2)実験台
後編: ドバトの犠牲者リターンズ(4)偽卵と日陰

 犬や猫にネギ類を与えるのはNGらしい。ではハトならどうだろうか?ということで、ねぐらにネギを捲いてみた。よく食べること食べること。

 しかし、何の問題もなかった。というより、翌日から食べるのをやめた。危険を察したのかもしれないw

 そして、昼間の留守を預かる♂に対しては、滝行のごとく水をかけてみた。2リットル分の水をかけ、しかも鳩除け用に置いていた同様のペットボトルの中身もぶっかけると、慌てて外に逃げてしまうではないか。



 同様に、♀に変わってからもやってみた。やはり♀でも限度がある。これほどの量をかけられれば外に逃げる。




 どうせ夜にはまた抱卵に帰るのだろうと思ったら、帰ってきてなかった。だとしたら戻るのは翌朝か?ただ、毎日のように粘り強く滝行攻撃を続ければ、何か動きがあるかもしれない。

続きのストーリーはこちら!

ドバトの犠牲者リターンズ(4)偽卵と日陰

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。