ドバトの犠牲者リターンズ(4)偽卵と日陰

前話: ドバトの犠牲者リターンズ(3)餌と滝行
次話: ドバトの犠牲者リターンズ(5)それから半年

 滝行以来、ハトはベランダに寄り付くものの、私の物陰に気付けばすぐ逃げるようになった。卵もいつの間にか回収されていた。近所に捨てた形跡はない。ハトが運んでいったのか???

 そんな中、新たな武器を購入した、それは「偽卵(擬卵・ギランともいう)」


 産卵した時にこれとすりかえれば、ハトはこれを卵と思って抱卵し、雛がかえることはまずないというもの。今度産卵したらこれを使うこととしよう。


 ただ、警戒はするものの、ベランダに居つくことに変わりはない。朝からけたたましい声で鳴くのでうるさい。平日は朝から仕事に出るのでそこまでないが、休日だとたまったものではない。

 うちのマンション、最上階だからか、朝のほうが陽当たりが強い。昼になると日陰ができ、却って過ごしやすくなる。

 いつ、ハトは居座るのか?冷静に観察してみたら、この陽当たりと関係があるような気がした。夕方に比べて、朝のほうが圧倒的にうるさい。

 コイツラは陽当たりに来ているのではないか?

 ならば日陰を作ってみたらどうだ・・・・?

 急ごしらえで家にあった段ボールをひっくり返し、たまり場に陽が当たらないようにしてみた。

 が、あまり日陰効果はなかった。

 そんな時、数日家を留守にしていると事件が起きた。♀ハトが死んでいた。死因は、鳩除けネットに首を絡ませたことによる窒息死とみられる。卵を1個産んでいたが、それも併せて、段ボール製の簡易棺桶に入れて、つがいの♂ハトにわかるような形に向けて置いてみた。翌朝どういう反応があるのだろう。

 そして、ベランダの内側に垂らしていたネットを完全に外側に垂らす方向で変えた。下に落ちると近所迷惑かもと思って控えてきたが、ここまでされちゃもうこれでブロックするほかない。


続きのストーリーはこちら!

ドバトの犠牲者リターンズ(5)それから半年

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。