高学歴フリーターのすすめ ~私について~

前話: 高学歴フリーターのすすめ ~はじめに~
次話: 高学歴フリーターのすすめ ~高学歴フリーターとは?~
どんな人か気になると思うので、自己紹介から。

現在31歳の男性で、
今はフリーター(アルバイター)ではなく
エンジニアとして仕事をしている。

フリーターだったのは26歳から29歳の末まで。

生命科学の修士過程を修了後、
行き先がなくてフリーターになり、
訪問販売から工事現場まで30種類以上の仕事を経験した。

一方で、院生時代の研究が理由で社会活動を始め、
政治・行政・科学・市民団体といった集まりに参加したり、
プレゼン、プログラミング、土壌分析などを企画した。

国内外の旅行や余暇も楽しめた方かもしれない。

明日食う飯すらない人から、
経営者や識者まで、いろいろな方にお会いした。

金欠や人間関係に苦しみはしたが、
20代を有意義に過ごせた方だと思う。

大学に残ったり、企業に就職していたら、
こうは動けなかっただろう。


私の場合、やりたいことがあったけど、
やれる環境がなかった。

...で、いろいろ試みた結果こうなった。

ただ賢くても、ただ情熱的でもできない。

私の行動力を支えてきたのは、
大学での経験(柔道・研究)と学歴だったと振り返る。


高学歴フリーターには様々なチャンスと時間がある。

ぜひ、盗めるものは盗んで、真似してほしい。

「第一志望はフリーターかな!」って言わせる未来にしたい。



学歴なんてと 言われはするが やってみようぜ フリーター

続きのストーリーはこちら!

高学歴フリーターのすすめ ~高学歴フリーターとは?~

著者のKuriyama Satohiroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。