高学歴フリーターのすすめ ~高学歴フリーターとは?~

前話: 高学歴フリーターのすすめ ~私について~
次話: 高学歴フリーターのすすめ ~私はこうしてフリーターになった:研究室配属~
定義について考えてみる。

高学歴とはどんな人を指す言葉だろうか?

短期大学ではなく4年生大学を卒業した人
偏差値やネームバリューのある4年生大学を卒業した人
大学院へ進学した人
海外組
・・・

高学歴は相対的なものなので、具体的な定義は難しい。

ただ、少なくとも私は旧帝大を出て大学院まで行ったので、
高学歴と呼んでいいと思っている。

本投稿「高学歴フリーターのすすめ」で紹介したい内容は私の経験談。

本来の定義は定かでないが、
ここでは大学院へ進学した人を高学歴と呼ぶことにする。

※紹介したい高学歴のメリットやノウハウは、
広義での高学歴に共通するから、ぜひ参考にしてほしい。



次にフリーターとは?

フリーターにもいろいろあるが、
雇用形態で列挙すると以下のようになる。

時給1000円前後までのフリーアルバイター
時給1500円前後からそれ以上の契約社員
案件単位や自営業のフリーランス
不労収入で生活する経済的自由者
・・・

ここでは、一般的なフリーターである、
時給1000円前後までのフリーアルバイターを
フリーターと呼ぶことにする。

なお、この記事を書いている現時点(2015年11月)の私は派遣社員であり、
正社員や個人事業主も経験している。



過去の実績 高学歴と 自由気ままな フリーター


★上記の定義は曖昧なため、いつか書き直す。

続きのストーリーはこちら!

高学歴フリーターのすすめ ~私はこうしてフリーターになった:研究室配属~

著者のKuriyama Satohiroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。