我が子を抱くまで14年。 ‐⑨‐

前話: 我が子を抱くまで14年。 ‐⑧‐
次話: 我が子を抱くまで14年。 -最後に-

最後の挑戦。 「出産後」



帝王切開翌日には尿カテも抜けて歩行開始。
痛くて痛くて点滴スタンドにすがりつき、よろよろ前かがみですり足です。
産後4日目には硬膜外麻酔がきれて直後は激痛、そのタイミングで後陣痛のダブルパンチ。
長いことお世話になっていた点滴ともこの日をもってお別れとなりました。
縫合はお腹の中だけで表面はテープだったので抜糸はなかったです。


産後に浮腫むとは聞いていたけど、人生で経験したことないくらいパンパンになって出産したのに体重は全く減らずむしろ増えているという奇跡も。

後から聞いた話ですが、シロッカーの抜糸をしたら子宮口は4cm開いてたそうです。
本当に全然もたない子宮でした。


私は再入院から94日目、トータルで107日という日数で退院の日を迎えました。
病室は好きに飾り付け、もう自分の部屋のような感覚になっていたのでなんだか名残惜しい気もしたり。
お世話になった先生、助産師さん、看護師さんに挨拶をしに行ったところで号泣してしまいました。

本当にたくさん私のサポートをしてくれて、息子の命を繋いでくれて・・・感謝してもしきれないくらいです。
病院を変えて良かった。
病院選びは大切です。



息子は出生後に自発呼吸もできていたのですぐに呼吸器がはずれ、ミルクを直接胃に入れる方法で2ccから始まりました。
私は退院翌日から母乳を搾乳してNICUに届けるという毎日。

そんな日々はあっという間に過ぎて・・・2ヵ月後の10月16日(出産予定日)に心配していた後遺症もなく2877gで無事退院となりました。


続きのストーリーはこちら!

我が子を抱くまで14年。 -最後に-

著者の古里 理沙さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。