家族を支えなければならない私がパニック障害になってしまった話

1 / 7 ページ

突然、私はパニック障害と診断された。

パニック障害は脳の病気だ。

しかし、私は精神障害だと思い込んでいた。

そんな、私はこの病気を今でも克服出来ずにいる。

しかし…


最初に少し自己紹介をしておきます。

私はフリーランスのクリエイティブ・デレクター、デザイナーを仕事にしている。


主にホームページ制作や企業パンフレット制作が仕事。

自宅の2階が事務所。

4人家族。


私がパニック障害と診断されたのは2013年の秋のこと。

2013年は夏から秋にかけて、いろいろあった気がする。


その年の夏は尿路結石の激痛も経験した。

気を失うほどの、強烈な痛みだった…

身体に変調を来し、ついにパニック障害にもなったのだった。


…では、しばらくの間、私のお話しにおつきあい下さい。




●病気を自覚した出来事 ---------------------


私が陥った症状01


2013年の夏、猛暑が続いていた。

ジャケットを着ると汗だくになり、ジャケットから汗を絞ることができるのではないかと思うほどの暑さだった。


私はWEB制作の仕事で、おつきあいがあるプロデューサーと共に、お客様企業を訪問していた。

少し暗く狭さのある応接室に通された。

久しぶりに訪問するお客様なので、いつも通りプロデューサーの簡単な挨拶から始まった。

制作には関係のないことから始まって、時事の話題まで、様々なトークが続く。

そのトークの間は、私はいつも聞き役だ。


私の役割は、ノートパソコンを使って、現在のWEBトレンドの紹介やお客様のご要望をどう実現していくかをプレゼンすること。


長い挨拶が終わったタイミングで私の出番だ。

そして、パソコンを見ながらお客様のホームページの問題点を指摘しようとしたとたん…


全く声が出なかった。

言うべきことは分かっている。

しかし、声にならない。

みんなの読んで良かった!