【本当に疲れたビザ取得@コンゴ大使館】2

前話: 【本当に疲れたビザ取得@コンゴ大使館】1
次話: 【本当に疲れたビザ取得@コンゴ大使館】3

本当に何故ややこしくなるのか。毎度毎度。

「KK,確か係員の人は3時半以降に来いって言ってたな?」

「やなあ。夕方なるけど早くコンゴ行った方がええからパスポートもらったら

ホテルチェックアウトの用意してや。」と、いうやり取りをしながら

緑黒く分厚い鉄板の扉が開くのを待った。時間は15:45位,

午後3時半以降に来いと言われたから来た。何もおかしいことはしていない。

午前と同じ人が扉を開けてくれて中に入った。すると、揉めた係員の乗っていた

トヨタマーク2はなく、代わりにRay-Banのサングラスをかけ,ザンビアでも滅多に見ない

イブサンローランの携帯ストラップを付けた体格のいい、中年のおじさんと

その奥さんと思われる人が何やら話していた。彼らはKKを見ると

「KK~!!,どうしていたんだ、久しぶりやないか~!!」とでも言っていそうな

感じでhugをしたり挨拶していた。KKが事情を話して私のビザを取りに来たことを

説明するとそのおじさんは「ちょっと待ってな,彼に電話してみるわ。」と言って

大使館の中で電話をかけてくれた。「3時半以降に来いって言ったんとちゃんうんか?,

うん、うん、なるほど、うんうん、よくわかった。あとは俺が伝えるわ。」ってな感じで

電話を切ると私に厳しい表情で話してきた。「彼は3時半までに来いって言ったと話してるで、

しかも君の態度がえらく悪くてめちゃ気分悪いって言ってる。君のような人間を美しいコンゴに

入国させてええもんか考えなあかんな。」とビザの話をそっちのけでこちらの態度のみを

叱責してきた。いくら何でもBEFORE 3時半とAFTER 3時半を聞き違えるもんか。

私はちょっとうんざりして「いや、もうそれやったらコンゴ入国はええから

俺のパスポートを返してくれ、パスポートが返ってきたらもう俺はそれでええから。」と,

ちょっとあからさまに鬱陶しい態度を示すと,「いや、君のような人間は調査しないといけない,

何でコンゴに行くんだね?」とまた午前の振り出しに戻ってきた感じがしたので,

「もうええから,俺のパスポートを返して,それでええからって。ほんま。」

「そのような態度をとる人にコンゴへ入国させるわけにはいかない!!」「いや、だから!!、

俺のパスポート、返してくれやー!!!」のやり取りになり,KKが慌ててスワヒリ語で

必死に説明してどうにかその場を収めてくれた。

最終的にそのおじさん(コンゴ大使館長だった)が「ビザを発行してあげる,でも君の為じゃない、

私達の友人であるKKがお願いしたからビザを発行するんだよ,わかってるのか?」隣で立ってる

奥さんもうなづきながら私を睨んでいる。「君のパスポートは今あの係員が持ってて明日の

朝9:30に手配するように伝えておくから今日は帰りなさい。」

仕方なく私とKKは大使館を後にした。怒りと悔しさの入り混じった納得のいかない気持ちのまま,

結局当日の出発を諦め,滞在するホテルに戻りその日の晩を過ごした。


読んでくれてありがとう。今思い出しても腹立たしく思います。


続き、また書きます。


KEN



続きのストーリーはこちら!

【本当に疲れたビザ取得@コンゴ大使館】3

著者の濱出 研道さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。