世界一周中の車に、500円払って僕の無謀な夢を描いたら…まさかの夢が叶った話

1 / 11 ページ

17歳の時に読んだ本で僕の人生が大きく変わった・・・

17歳の春、僕の友人は四国一周をママチャリでしていました。

そんな時に、あるトラックの運ちゃんに

トラックの運ちゃん
おい!
わしお前らみたいな自由な奴ら好きや!
この本読み!!!

と言われ、トラックの運ちゃんからある本を渡されました。


なぜか、その渡された本が、僕の手元まで回ってきました。

そして高校の授業中に先生にバレないように

こっそりとその本を読みました。


その本は世界一周した著者(高橋 歩)の

写真と簡単なポエムでした。



高校生の僕の目には全てが新しくて・・・

その写真とポエムがシンプルに

僕の心に刺さり


なんで、こんな小さい教室の椅子に座ってるんだろう・・・。


ふと、その当時の授業中の教室がとても小さく見え、

凄い不思議な感覚になったのを覚えています。

何かに吸い込まれるような感覚に近いかもしれません。


それから高校の時はボクシングに没頭していたのもあり、

スポーツ推薦で大学に入ったのですが・・・

もともと頭の悪い僕は、ただ就職することが目的の大学の勉強にも

力が入らず授業の内容にもついていけず、、、


大学自体が嫌になり大好きだったボクシングも辞め

次はファッションを学びたい!ファッション専門学校に入学し通い始めました。


この時から・・・何か嫌な事があると、逃げる癖がつき始めたのかもしれません。


20歳の専門学校の夏休み!とうとう初海外


20歳の夏休みに、とうとう海外に出る決意をしてバックパックを始めました。

高校生の時に読んだ本の影響も大きく、

「肌でリアルに感じる」

事を何よりも大切にして、旅を続けていました。

現地の汚い川に飛び込んで現地の子供と遊んだり、現地の人の家に泊まらせてもらったり

みんなの読んで良かった!