親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。

1 / 2 ページ

前編: どうして帰国子女の婚活が難しくなってしまうのか。(特にアラフォー帰国子女の婚活・・・) 後半
後編: 親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。後半

婚活を早く卒業するには、自分の状況を把握をすることが大切だ。その把握は、主観的でも客観的でもなく、「世間的に」されなければならない。


例えば、私が離婚したのは30歳だ。子どもはいない。これが客観的な把握だ。「まだまだ若いし、30過ぎても結婚する人はたくさんいる」というのが主観的な把握だ。


「30歳でバツイチというのは、まず同世代は敬遠する。親が元気で発言権も強く『バツイチなんてダメ!』と反対をする。わざわざバツイチを選ぶ必然性もない。だから同世代男性からは敬遠されるリスクがある」

これが、世間的な把握である。


私は世間的な把握を最初できていなかったことで、同世代の男性と交際をしても結婚に至れなかった。同世代にとってはもちろん恋愛対象にはなりやすいが、結婚となるとやはり親のことが頭をかすめて、「ないな」となる。そのことに気づかなければ、35歳までにもう一度結婚することはなかっただろう。ずっと同世代の男性と恋愛をズルズルしていたに違いない。

 ちなみに、40歳を過ぎると子どもがいないバツイチは不利に働きにくくなる。それは親も元気がなくなっているし、

同世代男性も

40過ぎて一度も結婚したことがない女よりも魅力はあるのかもしれない


とプラスに考えてくれるケースも増えてくるからだ。

し、しかし40まで待つのはキツイ。私は同世代を外して婚活を卒業したのだ。


私の実例で、世間的な把握が出来ないことの恐ろしさをわかってもらえたと思う。


しかし、この世間的な把握が出来ない人によく見られる特徴がある。
最も多いのが「親と同居している女性」である。


彼女たちが入会前カウンセリングに来ると、だいたい年令に関係なく、次のような展開になる。

どういう人と結婚がしたいっ、というご希望はありますか?
と、とくに・・・。『普通』だったらそれでいいです。


うっ、やっぱり『普通』キターーーーーーーーーーーー!!!


『普通』というのは『多くを望まない』とか『なんでもいい』という意味では決してない。


この言葉が来た時は、質問事項がめちゃくちゃ増えるので、出来れば避けて欲しいのだ。具体的な条件をこちらで導き出さなければならないからだ。


『普通』って、人それぞれだと思うんですが、お客さまにとっての『普通』はどんなことを指しますか?
普通って、えーっと・・・。うーんよくわかりません。


だいたいこういう展開になる。本人は本気で、

私はそんな理想とかなくて、自分を気に入ってくれる人となら誰でも結婚しますよ


という気持ちでいる。しかし、それは絶対に違う。自分を気に入ってくれたら誰でも結婚できるわけがない。


あ、そうしましたら、お父様ってどういうお仕事をされていて、ご家庭ではどんな感じですか?
もう定年しましたけれども、普通に定年までサラリーマンをしていました。


情報ゲット。


お父様はおそらく転職なく安泰した会社で定年まで平和に務め上げた。おそらく、この言い方だと役職にはついていないな。本人は「平凡な父」というニュアンスで話している。

しかし、今みたいな激動の時代に、定年まで会社があるとは限らない。それに一度も転職しないで働き続けるのも特殊技能である。

にもかかわらず、定年までつぶれそうにない会社に勤務して、嫌でも仕事を転職しないで働き続ける男を平凡だと思っていないかと疑念がわく。


みんなの読んで良かった!