余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-2-

前話: 余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記
次話: 余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-3-
<2月23日>
 
ここにだけ書ける「本音」

      昨日 たくさん泣きました。
      悲しい現実に泣いて   未来の不安に泣いて   みんなの優しさに泣いて・・・


      猫タチが心配そうにこっちを見てもお構いなし。
      ワンワンと声を出して泣いたのは久しぶり。

      少しおさまって近寄ると、いつもは ふざけて すぐに かじる猫が
      優しく顔を舐めてくれた・・・。     その様子を見て、また涙がでた。。。

      あまりに泣きすぎたから   目がものすごい状態になってしまい・・・

      コンタクトしている目がかすんでよく見えない。
      目薬を差しても、ぼやけてひどいので   結局、はずして、久しぶりに眼鏡で一日過ごした。

      あれだけ泣いたからなのか?    今日は、ちょっとだけ気持ちが落ち着いている自分が居た。

でも、この雪だけは勘弁してほしかった(笑)(※注:この日、信じられないほどの大雪が降った。

   また明日から頑張るぞ!!
         
       


本心の暗い気持ちを払拭すべく、      この大雪の事を、プログには明るく
オモシロ可笑しく こんな風に 書いていました。

爆弾低気圧?やっぱり北は「北」だった!

この尋常じゃない大雪! いやぁ~、まじで、まいりましたぁ~~

帰宅して即座に雪はね 開始…。 重いベタ雪の上、やってるそばから 次から次に降るは降る・・・(T^T)

作業はなかなか、思うようにはかどらず 何時間もかけて やっとの思いで どうにか全部のエリアきれいにした?と思ったら・・・ はじめにやったとこ…もう、すでに積もってる(泣)

こんなんじゃ、いくらやっても、キリがないから 「今夜はここまで」・・・という事にして・・・・ (夜通し雪はねしてるわけにもいかないもんねぇ・・・(苦笑)

びしょ濡れになったジャンパーと手袋を乾かし。。。 疲れ果てた体をお風呂で暖め、就寝。。。

朝 ・・・。

ニャーニャー騒ぐ猫達の声で目覚め なんだろう?と、布団から出てみると…なんだか寒い!?

あれれ?ストーブが消えてるではないか!!(^^;

どうやら、ものすごい暴風雪のために できた「吹きだまり」のせいで ストーブの通気口が雪で ふさがかってしまい 夜中の間(もしくは朝方?) ストーブが止まってしまってたらしい・・・。

大急ぎで着替えて、まず外に出ようとしたら 玄関前まで、すごい降雪があるようでドアがなかなか開かない!

やっとの思いでドアを開けて外に出たら・・・

ある程度は、想像してた事だけど 昨夜の・・・ 更に倍量の雪が積もってるではないか・・・(T^T)

ああ・・なんて事でしょう。。。。。。。

どうにか 歩くスペースだけ 雪を除けて みしみしと歩みを進める・・・・・・・・・

それにしても、膝までの長靴を履いてるのに、その隙間から 雪が入りそうになるくらいの積もりっぷりって・・・・一体。。。(^^ゞ

ストーブの通気口周辺の雪をスコップで かきだし、点火成功! とりあえず、寒~~い室内からは解放された。

ゴミ投げに 行くにも ひと苦労。 車道の除雪車も入っていないらしく 道幅はいつもの半分近くまで狭まっている。

車道でさえ、こんな状態なんだから もちろん、歩道の除雪が間に合ってるワケもなく っていうか、どこを歩けばいいの!?

歩くところさえ ない(^^;

雪を ずんずん踏みしめ やっとの思いで ゴミ投げ任務完了(笑)

こんな状態だから、やむを得ず、靴を持って 会社には長靴のまま出勤する事に・・・。(とほほ)

長い道産子人生の中 長靴で会社に行ったのは、はじめての経験です・・・(笑)

でも・・・・・みんなも長靴で来ていた(爆)

やっぱり 考える事は同じなのねぇ。。。。。

出先では、駐車場から車道に出る時に ものすごい雪のせいで、前にも後ろにも 身動きとれなくなってしまい・・・(苦笑)

タイヤ周りの雪を削りながら、立ち往生していると ランクルに乗っていたお兄さんが停まってくれ 「埋まったんですか?」と、天の声!

牽引ロープで 引っ張ってもらい 無事に脱出!!! (お兄さん ありがとうございました♪)

「あぁ~疲れたぁ~」と会社に戻ると

「遅かったねぇ~」と、一言。

「実は 埋っちゃって・・・」

「だから、今日はあちこち除雪が追いついてないから 気を付けて行きなよーって言ったのに~!」

はい、ごめんなさい・・・(笑)

これでも 一応、気を付けてはいたつもりなんだけどねぇ・・・

外回りの人は今日 一日中 あちこちで 埋まってる車を見かけて 3台ばかし?救ってきたらしい・・・。

この魔物・・・・

ほんとに すごすぎだよ~~!!

「今年は雪が少ないから、いつより楽だねー」

「このまま融けて春になっちゃうかもしれないねー」

なーんてウワサ?してた矢先、こんな事になるんだもんね。

はい・・・・・

いくら言ってもキリがなさそうなので 雪の愚痴?はここまでにしときます(笑)

やっぱり 北国の冬は厳しく・・・・ 春はまだまだ遠いのだと心から「痛感」したのでした(爆)

この日の前夜遅く、帰省していたお友達も 予定より大幅に遅れて、どうにか帰京できたようだけど 帰りが「この日」じゃなくて、本当に良かったね・・・(^^;

後日談・・・。

あんなに降った雪だっていうのに たかだか二日で、この時期にはふさわしくない日中のプラス気温!!

融けるは融ける・・・

道路上には大きな水たまりができて、ザッバザッバだし・・・

それが夜には凍結してブラックアイスバーンになっちゃうし(^^ゞ

積もり積もった大雪が融けてるもんだから 中道は まともに走れるような状態ではない・・・。

ったくーーー!

融けるんなら はじめっから降らないでよ~_(++)/ 

   *******************************************************************

本当は・・・・・・・・・・
  すでにこの時、心も体もボロボロ、ズタズタな状態で
「何も、こんな時、非情な雪を降らせなくたっていいのに・・・」と
神様のやった、天気のイタヅラを、すごく うとましく思った。
この時ほど、雪を 恨めしく思ったことは なかったくらいに・・・。



<2月25日の日記>

      生協の協同購入で 中札内「想いやり牛乳」 の取り扱いを始めた。

   これは、私も好きな牛乳の一つで
   たぶん飲んだ事はないであろう父にも飲ませてあげたいなぁ~・・・

        と思って、注文する事にした。
       お届け日を指折り数えて、楽しみに待っていたんだけど
   いざ当日を迎え・・・フタを開けてみると・・・・・
   牛乳は入ってなくて、謝罪文のメモが・・・?

   そこはやはり、生協でも取り扱いを始めたばかりの人気商品。
   注文が殺到してしまい、全ての納品には間に合わなかったらしい。
   心から楽しみにしていたので、すごくショックだった・・・

   そんな事を 何気なく、友達の前で話題にしたら
   その数日後、なんと!関東に住むお友達から
   その「想いやり牛乳」が届けられたのだ。

  「すごく残念そうだったでしょ?何気なく、HPを見たら
   なんか発送できるみたいだったから 頼んでみたんだよ~」

  確かにとっても残念ではあったけど・・・
  全然そんなつもりじゃなかったから
  ものすごく申し訳ない事をしたなぁ~と思ってしまった。

  でも・・・・
  誰かからの贈り物で嬉しかった事は、これまでにもたくさんあったけど
  涙がでたのは生まれて初めての事でした…本当に感謝の気持ちでいっぱい。

      精神的にいろいろ追い詰められる事が続いてたから
   なおさらだったのかな…?
     
      私も彼女のように優しく「想いやり」を持てる人間になりたい…



      


<3月3日>

この日は、両親の結婚記念日でした。
子供達から、二人に何か送ろうという計画が持ち上がって
入院して離ればなれ(?)になっている二人のために
「ペアウォッチ」にしようか?なんて話になっていました。

この日に間に合わせる為に、その前の土曜日、みんなで
お店に見に行ったけど、そこには「コレだ!」っていうのが見つからなくて・・・

それじゃ、別のお店に見に行こうか?って言ってる矢先
母のケータイに病院の父から電話。

「外泊できる事になったから 迎えに来て~」

ありゃりゃ、時計を見に行くの、今日は無理みたいだね~(笑)

その足で、みんなで病院まで父を迎えに行って帰宅。

翌日も、できるだけ父の側にいたいと思っていたので
この週末はプレゼントを買いには行けそうにない。
(みんな何も言わないけど同じ気持ちだったと思う)


父が入院して2週間余り・・・。
まだ、父が出勤しなくなった、この状況にみんな慣れていないし
仕事の方もちょっと忙しかったりして、
週明けも なんだかんだと 慌ただしく時間が流れた。

このままだと 渡すのはいつになるのか?
まだ見つけてもいないのに・・・。
キモチばかりが焦ってしまう。


せめて、リサーチ?だけでもしておこうかなぁ~と思って
試しにインターネットで色々調べてみたら・・・
いろいろあるじゃないの~!?ペアウォッチが♪(笑)


そこらへんのお店よりも品揃えは豊富だし
(なんてったって日本中のネットショップから選り取りみどりだし♪)
送料を考えてみても、お店で買うより安いんでないかい??w(゜o゜)w

結局、良さそうな時計を見つけて(みんなの意見が一致♪)
ネット通販で買う事になった(笑)


ネットって、ホント便利だよね~~?
注文してから、たったの2~3日で届いちゃうんだもん!

早く お父さんの喜ぶ顔が見てみたいなぁ~★

その気持ちは、みんなも同じらしく・・・
商品が届いた日の仕事が終わると同時に
みんなで病院にすっ飛んで行った(笑)


行く前から、車内では綿密?な打ち合わせが行われ・・・。

姉弟を代表して 長女の私が父に渡す事になった。


いつものように談話室でたわいもない会話をはじめながら

「どうやって切りだそう?」

頭の中は、その事でいっぱい(笑)


弟が何となく、目配せしたので、「今だ!」とばかりに口を開いた。

「お父さん・・・あのね、ちょっと遅れちゃったんだけど
結婚記念日だから、子供達から贈り物だよ」


一瞬、驚いたような表情を見せたが
すぐ「わーい、わーい」といつものように無邪気に喜んで見せた。

不器用な父は、包装を開けるのも、やけに時間がかかる(笑)


父の反応を不安と期待の気持で、じっとみつめる私たち・・・。

やげて、ようやく姿を見せたペアウォッチ♪

「あっ、時計だ~、やった~」
また、いつものように子供みたいに喜んで見せた父。



でも、目頭には、光るものがキラっと見えていたって事・・・。

気づいていたんだよ、お父さん。



入院して、初めて たぶん 母のありがたみを心から痛感した父。

いつもは、知らん顔の「結婚記念日」だって
今年は、ちょっと違う気持だったんだろうな~と思う。

「入院してるから、何もしてあげられない」

父は私に遠回しで何度か、そんな事を話していたので・・・。

きっと、いろんな想いが交錯して
すごく、すごく嬉しかったに違いない。





早速、両親の腕に時計をつけてもらった・・・。


ペアウォッチ♪


すでに点滴の管をつけられ、
いつのまにか、こんなにも細くなってしまった父の腕を見て
ちょっと胸が熱くなった。



でも 今の父の気持ちを思うと
もっともっと心が熱くなった。。。。

続きのストーリーはこちら!

余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-3-

著者のくり てんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。