整形と深い安心感

2014年12月1日、

『TVタックル』整形について賛否を戦わせていた。


私は結論から言うと、

長期にわたっての計画がきちんとできるなら、OK。



短期、長期にわたっての

金銭の調達、技術のリスク配慮、心の配慮、

がしっかり自分でできると思うなら、やればいい。


、ただ体型維持なら脂肪を吸引するより

ホンマでっか!?でやってた

1日20分週2,3回の筋肉トレーニングのほうが

確実だと思う。


それに、実感しているのだけれど、顔は、自分の意志で変えられる。


整形中立派の鍋田恭孝先生は、

「整形依存は

ギャンブル依存に似ている」

と言う。


美しくなることは快感で、

自分や人生を生かすためにするのではなく

美しくなること自体が目的になってしまうことがある。


また美しさは主観だから、

平均より美しい人が「もっと」を求めて

整形をしたがることも多いという。


タレントの千秋さんは、

同じ顔でもかわいいと言われて育った人と

そうじゃない人ではかわいさが違う。

       ↓

子どもにはかわいいとたくさん言っている。



なるほどとも思えるけれど

鍋田先生は諸刃の剣と言う。


「小さい頃はいいけれど

大きくなって第3者的に見ると

そうじゃないことがわかって悩む」ことに。


人にとって大事なのは

自分は「かわいい」

という認識じゃなくて

「愛されている」

「理解されている」という

深い安心感だ。


親に与えられるのが1番なんだけどね。

言いかえれば、

親は子どもにそれを与えることさえできれば

あとは何もしなくていいのだよ。


自分らしくいきるためのコラムブログはこちら↓

http://ameblo.jp/bijindo-anti-aging/

著者の山崎 理恵みりえさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。