日本一厳しい所に四日間行ったら、悩みがなくなって最高に幸せになれた話

1 / 18 ページ

ある夏の日、

僕はかつて絶対に行きたくなかった場所に行きました。


そこは、曹洞宗の大本山永平寺。

俗世間では「日本一修行が厳しい」とまで言われたお寺です。


そして何より、小学校の遠足で行ってトラウマになった所です。


遠足のときは、

寺内を若い雲水(うんすい:修行僧のこと)さんが、

親切に案内してくれました。


しかし、雲水さんの懇切丁寧な説明とは裏腹に、

「永平寺」に対して持った印象は最悪でした。


一年中、朝から晩まで修行

家族や友達とも会えない

遊べない

テレビも見られない

おしゃべりできない

意味がわからない…

怖すぎる…!!


生まれて十年そこそこの僕には、

永平寺の厳しさはあまりにも衝撃的で

心底震え上がりました。


帰り際に、案内してくれた雲水さんから、

「将来、みなさんの中から修行をしに来てくれる人を待っています(^^)」

と言われましたが、

もう一生二度と来るもんか!と思いました。



ところが、時の流れは不思議なもので、

今から十年ほど前の十七歳の夏休みのことです。


悩みが多くなっていた僕は

直感的に、大嫌いな永平寺にこそ

悩みを解消する「答え」がある気がするようになりました。


そして、永平寺である三泊四日の

参禅研修(修行体験)に行ってしまいました…。


みんなの読んで良かった!