僕と家族とひきこもり。悲しみの底で見つけたカウンセラーという生き方を目指した2190日。

1 / 6 ページ

後編: 僕と家族とひきこもり。悲しみの底で見つけたカウンセラーという生き方を目指した2190日。 その2

・はじめに。


これは、引きこもった僕と家族のお話しです。

どこにでもある平凡な家族のお話しです。

そんな平凡な家族が突如ひきこもった僕とどのように付き合ってきたのか、

そして、どんな愛情をもって、その”ひきこもり”と関わって、支えてきてくれたのか、

その2年間の記録と、家族とのつながり、そして家族に支えられたひきこもりが心理カウンセラーを目指す、2190日のお話です。


最初に言っておきますが、この話を読めば、ひきこもりが脱出できる!というお話しでも、

ひきこもりを脱出して、成功したお話しでもありません決してありません。(現に、まだ僕の道は続いていて、到底たどり着いたとは言えない状態です(汗。)


どこにでもある家族が気づいたらひきこもっていた僕、そして、支え続けてくれた家族と、カウンセラーという道を一歩、歩むまでのお話です。


さてさて、少し長いですが、お付き合いくださいね。


・気づいたらひきこもりになっていた22歳のころ。


僕が引きこもったのは、22歳の時でした。


ちょうど大学4年生の時です。


両親はとっても働き者でした。


父は営業のお仕事でずっと同じ仕事を生涯続けて家庭を支えてくれました。


お酒を飲むのが好きで、今でも毎晩晩酌をしています。小さいころは出張続きで、


月の半分は家にいませんでした。


母もまた、営業の仕事や色々な仕事をしながら、家事をして僕たち家族を支えてくれました。


母はとっても働き者で、常に明るくてよく笑う母です。


姉は、当時銀行に勤めていて、姉もまたよく働いては、毎年海外に旅行に行っていました。


姉は母の明るいところと、父の気の強さ(?)を受け継いで、とにかく明るく、


そして怒ったら怖くてしょうがなくて、よく怒られ、家ではいまだに”ひ~ちゃん”と呼んでくれる実は弟想いの優しい姉です。


僕はというと、どちらかというと母に性格は似ていました。小さいころはよく外で遊び、


運動神経がよかったので、なんでもスポーツをしていました。裸足でサッカーをしたり、裸足で森の中を駆け巡り、


みんなの読んで良かった!