現在28歳でアメリカでプロゴルファーを目指している私が出来上がるまで(高校時代)

1 / 4 ページ

ニューヨーク校ゴルフ部


高校はニューヨークにある私立の日本人学校に進学しました。

親の仕事の都合で?と聞かれることが多いのですが、寮制の学校に1人で行きました。

16年間日本で育ち、親元を離れたこともなかったのに、無鉄砲100%。(笑)




(これまたユニークで充実した高校生活を送ったのですが、それはまたゴルフと別に長くなるので、また違う話で。

また、学校の名誉の為に言っておきますが、私みたいな無鉄砲な生徒は少数で、海外居住経験のあるバイリンガル、バイカルチュラルな生徒が大半でした。すくなくとも当時は。)


さて、ジュニア大会でのトラウマはあったものの(幼少期のストーリー参照)、「やっとゴルフ部のある学校に入学できた!」と思っていた私。

しかし期待とは裏腹に、すぐにはゴルフ部は始まりませんでした。


ご存知の方もいるかもしれませんが、日本では4月入学、3月卒業なのに対して、アメリカは9月入学の6月卒業。

さらにアメリカのクラブ活動システムは 秋・冬・春のシーズン制。

1年で約3ヶ月毎に違うスポーツを楽しめる画期的な制度なんですが、

これは毎日でもゴルフがしたい私にとっては、全然嬉しくない(笑)


そう、ゴルフは春のシーズンスポーツなので、3月〜5月しかゴルフができない!

強行してラウンドに出たいけど、冬のニューヨークは雪が積もってゴルフ場は閉場!

つまり、ゴルフをやりたくてウズウズしているのに、部活動が始まるまで6ヶ月待たなければいけなかったのです。


仕方なく 秋は女子テニス部マネージャー、冬はアート部で時間をやり過ごす…

(それはそれで楽しかったのですが割愛)


ようやく、待ちに待った部活動の開始日。



初めてのゴルフ部活動。


期待で胸をドキドキさせて行った体育館。

そこにいたのは男子生徒7人。

知り合いもおらず、好奇の目に晒される9年生の私。


部長
シーズン開始は3月1週目。最初の練習日は月曜日。試合は3週目の月曜日から。以上。


構成員は12年生(高3)が4人と、11年生(高2)が3人。

下級生は9年生(中3)の私ただ1人でした。しかも女子生徒も私1人。


その状況で、よく入部を決意したね!と友達からは言われましたが、こんなのなんとも思いませんでした。だってゴルフがしたかったから。


みんなの読んで良かった!