大手財務コンサルティングの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由

1 / 3 ページ

このストーリーは、

大手財務コンサルティングの内定を勝ち取ったも関わらず、



年収やキャリア採用を捨てて、

在学中にビジネスで独立する決意をした慶應生の話である。




第一部 <友人との再会>


就職の内定、取り消そうかな。。。。。。




大手財務コンサルティングから内定を勝ち取り、

時間と心にも余裕ができたから、

社会人2年目の友人と久しぶりに会うことになった。



僕は浪人と交換留学でニューヨークにも行ってたから

同級生と比べて2年間進学が遅れていたんだ。



また、その友人も業界最大手の一社で

コンサルタントとして働いてたから、



実際に社会人になる前に、

コンサルタントという職業が一体どんなものか

聞いておいて損はないだろうと思ってた。




友人は都心の駅から程近いマンションに住んでて、

友人宅で宅飲みすることになった。



いい感じの企業から内定をもらえたこともあって、

『久しぶりにお酒を飲んでテンション上げまくるぜ!!』と

僕は意気揚々と待ち合わせ場所にダッシュしていた。




その一方で、

久しぶりに会った友人は、



就活直後の有頂天になっていた頃とは

比べ物にならないほど生気を失ってた。。。



というのも、彼が内定したばかりの頃は、

それはもうリア充を絵に描いたような生活をしていたからね。





僕が実際に参加したことはなかったけど、

商社や投資銀行、テレビ局などに内定を決めた就活エリートたちは



彼ら限定のLINEグループを作って

就活での勝利をお互いに称え合っているらしい。。。(T~T)



一流企業からの内定を得た友人も例に漏れず、



就職活動が終わると同時に、

一流企業内定者限定グループに所属して、

勉強会という名の「恋活」に明け暮れていたんだ。


友人
かわゆいバンビーナと
毎晩居酒屋パーリナイだぜ!
守淳史
マジかよぉ〜!!!
それって飲み放題??
友人
あ、悪りぃ。
今から姫ピッピたちと勉強会してくるわぁ〜。
守淳史
もしよかったら、隣の席で
”Lineふるふる”してもいいですか??


リア充なグループの話を聞いて、

こんな感じにテンションを上げていたのを覚えてる。。。(^^;)



でもその頃と比べると、

その友人はなんだかまるで、



”日本版ムンクの叫び”に見えるほど疲れ切っていた。。。。



仕事のし過ぎで疲弊したためか、

以前のような目の輝きは失われていた。



また、ムンクほどハゲてはいなかったが、

なんやかんや、頬もこけていたような印象だった。



守淳史
まさか、、、、
ゼロカロリーのコーラに代えた??
友人
え、何のこと???ww


こんな感じで会話が始まったが、

その声からも仕事で疲れきっていることが伝わってきた。


彼の就職先の仕事環境は驚くほど過酷だった。



彼の1日の仕事は、

カフェでのコーヒーの注文から始まる。



というのも、

上司の好きなトッピングを盛り付けたコーヒーを

持っていくことが新入社員の役目だったからなんだそうな。



毎朝 勤務時間にはオフィスに着くように、

早めに起きて 10人分ほどのコーヒーをトッピング込みで注文する。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の守 淳史さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。