大手財務コンサルティングの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由

3 / 3 ページ

もう死ぬまで一生ないんだろうな。。。



そんなことを時々考えては、

次の海外旅行の目的地を探していた。



だからこそ、もし大学卒業後も

好きなときに海外旅行できるのであれば、

それほど自分にとって幸せな人生はない!!


って確信したんだ。



第三部 <お金と時間のバランス>


〜僕にとって最適な働き方とは?〜




次に考えたことは、

好きなだけ海外旅行するにはどのくらい稼ぐ必要があるか


ということだった。



そこで、1月に1回滞在先を変えるという条件で

1月あたり必要な金額を簡単に計算してみたところ、

・航空券 …10万円程度

・生活費 …10万円程度

多めに考えてもこの程度だった。



つまり、金額的には月収20万円ほど稼ぐことができれば、

僕が幸せを感じるために必要十分だった。



だけど、

内定した財務コンサルティング会社で働くとなると、



初任給が600万円程度と

金銭的には申し分ない条件だったけど、



その一方で、

時間的・場所的に拘束されてしまうという決定的なデメリットがあった。



いくら月収50万円ほど稼げても、

朝から晩まで会社に拘束されてちゃ

海外旅行になんてなかなか行くことができない。



これじゃあ本末転倒じゃないか!!



そして、

『お金と時間のバランス』を考えることが必要不可欠!!

っていうことに気づくことができた。



僕が幸せに人生を送るためには、

朝から晩まで働いて 年収1000万円を超えることじゃなくて、



稼ぐ金額はある程度に抑えてでも、

時間的・場所的な自由が得られることが重要だった。




第四部 <新たなる挑戦>


お金を稼ぐ目的を明確にして、

『お金と時間のバランスを取る』ことの重要性に気づいた僕には、



すでに財務コンサルティングファームに

就職するという選択肢はなかった。





今の内定先に就職したら、

朝から晩まで働き通しなのは目に見えているし、



そんな状態でお金がガッツリ稼げたところで、

自由に海外旅行ができる自由な時間がなきゃ意味ないからね (^^)



そこで、大学卒業までに

時間や場所に縛られない働き方を見つけ出すことに決めた!



でもこの決断を下すまでには、かなりの葛藤を感じてた。



せっかく中学校の頃から真面目に勉強に励んで、

私立の名門である慶應義塾大学に入学して、

大手コンサル会社から内定をもらうこともできた。



これこそが、

まさに中学生の頃から夢見ていた結果じゃなかったのか??

高給取りになりたくて勉強を頑張っていたんじゃないのか??



こんな迷いがある一方で、

どうしても海外旅行を好きなだけ楽しめる生活を諦めきれない自分がいた。



悩みに悩んだ挙句、

もう一度生まれ変われたら

どちらの生き方を選択するか考えてみた。



今まで勉強に投資してきた10年余りのせいで

自分の気持ちに素直な判断ができていないと感じたからだ。



そしたら、なんの迷いもなく

好きなだけ海外旅行ができる生活を選んでいる自分がいた。





この瞬間に、僕の気持ちは固まった。



今まで築き上げてきた勉強や学歴の全てを捨ててもいい、

その代わりに時間的・金銭的自由を何としてでも手に入れてやるって。




大学卒業というタイムリミット。

失敗すれば、ニート街道真っ逆さま。



20代前半で社会人経験のない大学生が

在学中にビジネスで独立するという



人生をかけた挑戦が始まった!!



この決断をしてたった半年後には、

ビジネスを軌道に乗せてパソコンとネット環境があれば

世界中のどこでだって稼げるように生まれ変わることができた。



今まで築き上げた学歴やキャリアで

働き方や生き方を無意識のうちに制限している人はとても多いと思う。



でも、そんな時には

お金を稼ぐ目的を明確にして、

お金と時間のバランスがうまく取れているか確認してみると

今とは全く違う世界が見えてくるかもしれないよ!(^^)




最後までお読みくださりありがとうございました!



ストーリーに共感して頂けたり、面白かったと感じて頂けましたら、

『読んでよかった!』ボタンを押していただけると大変ありがたいです。

また、ストーリーへの感想も大募集中です!!(^^)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログやinstagramもやっているので、

僕の生き方や価値観に共感してくださった方は、ぜひ繋がりましょう!(^^)

(ブログやinstagramのリンクはプロフィール欄から確認ください。)

著者の守 淳史さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。