Storys.jpが衰退する理由

これはもはやソーシャルメディア連携の良し悪しみたいなところなんだけど、storys.jpは僕の中ではものすごく狭間に存在しています。
衰退する理由
何個か書くとわかるんだけど、これ自体がFacebookにどかーんと出ること。それによってアクセスが可視化されること。これというのは、慣れてる人は良いのだが、普通の人はちょっとこっ恥ずかしさを感じるよね。
なにしろ、ここで書くのは、全部自分語りだからさ。
ほんと、これだけ。
でもこれって、恐らく文化的な要素が大きくて、自分語りが前向きに行われる文化なら許容出来るだろうし、早くグローバル展開すればいいと思うんだな。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の吉田 丈治さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。