偏差値32の男子高生が東大に受かるはずもなく失恋のショックで高校を中退した結果…

1 / 8 ページ

後編: 「箱」って漢字が書けない偏差値32の男が会社をやめて起業した結果…




不良でもなく真面目に学校に通って
授業も受けてたのに学年最下位だった


1997年12月


-地元の自動車工場で働くか高校へ進学するか-



中卒で工場勤務とか一生底辺だな…



母親と進路相談の教室に向かう途中で

そんなことを考えていた俺は、

人生最大の岐路に立たされていた。


学校に行かずに勉強をしなかったのでもなく、

真面目に通っていたのに授業についていけなくて

偏差値が32だったのだ。


だからこのまま高校へ進むのか、

それとも地元の自動車工場に就職するのか

真剣に考えなくてはいけなかった。




地元の不良が仕方なく入学する高校を受験して
20年以上語り継がれる伝説を残す


自動車工場に就職する道も考えたが、

父親の勧めもあって高校へ進むことにした。


でも受験しても受かる高校がなかったので

地元の不良が仕方なく進学する高校を受験することに。


その高校は地元でも有名な不良が集まる高校で、

どんなバカでも入学できると有名な学校だった。


その学校に入学をしてなんとか大学までいければと

淡い期待をしていたんだけど・・・

みんなの読んで良かった!