100組の新郎新婦様がレンズを通して私に教えてくれたこと

1 / 3 ページ

左手薬指を焦がしたマクドナルドからの卒業

今から3年前、大学に入学したばかりの私は求人サイトと睨めっこしていた。

高校2年生から1年半務めたマクドナルドを辞めたばかりで、新しいバイトを探していたのだ。

どうせなら趣味のビデオをいかせるバイトがしたくて、「大学生 映像」で検索した気がする。

するとたった1件だけ、結婚式の映像撮影の求人がヒットした。

勤務地は横浜近辺で、しかも時給換算ではなく単価制!

土日だけの勤務というのも魅力的だった。

マクドナルドと違って、もう200度の鉄板で左手薬指を焦がすこともない。

求人を見つけてから5分もしないうちに、私は迷うことなく応募メールを送った。


面接は扉の前でバックれようか最後まで悩んだ

週末、私は早速面接に呼ばれた。

場所は横浜が誇るデートスポット、みなとみらいの近辺。

しかし目的地についた瞬間、私は戸惑った。

明らかに普通のマンションだったのだ。

本当に大丈夫なのだろうかと、正直身の危険すら感じた。

バックれるか否か。たぶん扉の前で15分近く悩んだと思う。

しかし結局、私は事務所のドアを叩くことにした。

なんとなく、ここで帰ったら後悔するような気がしたのだ。

今思えば、あの時の決断が全ての始まりだったように思う。


「1円でもお金をもらったら、プロだと思え。」

面接はあっさりOK。当たり前だが、身の危険など微塵もなかった。

1週間後には早速研修もスタートし、初日は結婚式の1日の流れを見学するために全身真っ黒な服を着て結婚式会場に向かった。

しかし結論から言うと、私は現場に立てなかった。

履いていた黒のパンプスに光沢があったからだ。

「え?そんなことで?」と思うかもしれない。しかし、ダメなものはダメ。

「これはバイトじゃない、仕事だ。廣川さんのミスは会社のミスになる。

「1円でもお金をもらったら、プロだと思え。」

社員さんにそう言われ、初めて血の気がひく感覚を味わった。

私は時間を消費してお金を稼ごうとしているのではなく、作品でお金を稼ごうとしているのだ。

単価で働くとはそういうこと。ならば私はプロでなければならない。

それ以来、私はどんなに自分の実力不足が苦しくても「お金をもらっている以上、自分はプロだ」と自分に言い聞かせるようになった。


撮影はいつもひとりぼっち

研修を終え、私は晴れて会社のエンドロールカメラマンになった。

エンドロールとは、披露宴の最後に流れる1日の振り返りビデオのことだ。

あの3~4分程の映像作品のために、カメラマンはより良い映像を撮り、編集者はより素敵な編集ができるよう必死に努力している。

私も3回目に現場に出た頃には先輩のサポートもなくなり、1人で1組の新郎新婦様を撮影するようになた。

普段は緊張しない私も、終始ド緊張ド集中。

予想外の事態が起きても頼れるのは自分だけで、とにかく全力で良い映像を撮りに行くしかなかった。

一度、新婦様入場の際にカメラレンズが壊れた時の心臓の動悸は今でも忘れられない。

震える手とこぼれそうになる涙を抑えて、「自分はプロだ」と何度も言い聞かせながら隅っこで必死に予備のレンズに付け替えた。

みんなの読んで良かった!