13年間続けたバイオリンを辞めた理由

1 / 2 ページ

バイオリンを初めて触ったのは6歳の時だった。

どうして習い始めたのかは正直覚えていない。
でも母が言うには、どうやら私は隣に済んでいた3つ上のお姉ちゃんに憧れてバイオリンを始めたらしい。
「お姉ちゃんみたいなの弾きたい!」と母に向かって言ったそうだ。

母がピアノの講師だったということもあり、私は「ピアノもしっかりと練習する」という条件付きでバイオリンを習い始めた。
レッスンは週に1回。隣のお姉ちゃんと同じ先生に習った。
「もーちゃん天才だね」
そんなことを普通に言ってくるような、優しい先生だった。
恥ずかしがりやな私は、そう言われるたびにいつも黙りこくっていたのを今でも覚えている。
(天才じゃない…)
と、いつもしかめっ面をしていた私はきっとあまり可愛くない子供だったと思う。
それでも先生はいつも笑いながら「もーちゃん音綺麗だね」と褒めてくれた。

正直、13年間私は熱心な生徒ではなかった。

練習は週に1〜2回、レッスンの直前にやるぐらいだったし、クラシック音楽よりもずっとJ-POPの方が好きだった。
変な話だが、小さい頃からの母の音楽の影響で瞬間的な譜読み能力と絶対音感は無駄にあったため、練習不足はそこまで大きな問題ではなかったのだ。
いつもいつもある程度それっぽく弾けていた。
もちろん先生もそれには当たり前のように気づいていた訳だが、中学生になっても高校生になっても、「もーちゃんはやっぱり天才だね」と笑っていた。
そしてそんな先生につられるように家族も「やっぱりともちゃんは天才だね」と私のことを褒めちぎっていた。
結局、私は最後まで素直に「ありがとう」と言わなかったと思う。

高3の夏、私はバイオリンを辞めることを決意した。

高校生になった時から漠然と考えていた「辞める」という選択肢。
理由は3つ程あったが、家族や先生、友達には「来年から大学生になって忙しくなるから」という理由しか伝えなかった。
いわゆる対外的な理由というやつだ。
そんな理由、本当は後付けでしかなかった。

13年間言われ続けたことば。

私がバイオリンを辞めた本当の理由。
それはある2人に13年間言われ続けてきた言葉がきっかけだった。

1人は先生…  「もーちゃんは天才だね」

小さい頃からこのことばがひどく嫌いだった。
なぜって、私は天才じゃないから。
週1〜2回の練習で大した努力もせずに、いかにもそれっぽく弾いてしまう私のどこが天才なのか。
しかももっとたちが悪かったのが、先生がからかいではなくわりと本気でこのことばを言っていたということだ。
高校生になる頃には「ともちゃんプロ目指しなよ」とまで言い出していた。
なるわけがないし、なれるわけがない。
言われるたびに、自分の「努力が出来ない性格」を突きつけられているようで、すごく嫌だった。
なんとなく出来てしまうような子は一見多彩に見えるかもしれないが、よく見れば抜きに出て誇れるものを持っていなかったりするのだ。
少なくとも私はそういう子だったから、そう、つまり私はバイオリンを辞めることでこのことばから逃げたのだ。

もう1人はおばあちゃん… 「辞めないよね、もったいないもの」

みんなの読んで良かった!