学校設立を目指した学生が、DJになって野外フェスをつくるに至った話

1 / 8 ページ

どうせ将来はニートにでもなるんだと思ってた


夢がない、って言ったら嘘になるかもしれないけど

なんとなくそういうことはごまして、実現しそうな未来だけ話す少年期だった。


今が楽しければそれでいい、とも思ってなかった。

ひっかかるものがある、でもそれが何かは分からず

「自分らしさ」とか「ありのまま」とかそんな言葉を多く使って

自由に生きてるぜっぽくはしたけど、結局そんな言葉こそが繭だったんだと思う。


今すぐ手が届くものより先は視界がぼやけて

手に取れることが分かる目標だけを、ただ当たり前にとっていった。


「人は死んだらどうなるのだろう」って、週刊少年ジャンプが発刊されくらいのペースで考えては

「希望も何もない人生だ」と考えるような少年期だったから、小学校の卒業文集の「あなたの20年後は?」っていう頁には無表情にバイトする自分の絵が描かれていた。


ここが地獄かなって思ってた


中学に入った部活は、テニス部だった。

友達に誘われて始めたテニス、でも気づいたら同学年は皆辞めていた。

ストレスで血尿がでたり、疲労骨折したり、皆テーピングでぐるぐる巻きにして試合にでるような

平成らしからぬ環境だった。


後輩の失態は先輩の失態というような文化があって

自分が3年になったとき、後輩は30人はいたのだけれど、とても1人ではまとめきれず

説教され続ける日々で、中間管理職の厳しさを中学生ながら痛感していた。


肉体的にも精神的にもかなりきていて、ここが地獄かなと思っていた。
本気で死を考え、自殺サイトなんかも当時流行っていたから、一番痛くないのはなにかななんて
見たこともあった。


それでも辞めないでいたのはたぶん、ちっぽけな責任感と、ここで苦しんだ分将来きっといいことがあるっていう、淡い希望だけだった。

後輩30人のマネジメントの相談なんて、だれにいってもロクな答えはでない気がしたので、だれにも相談できず、部活、友達、家族、ネット、いくつものレイヤーを使い分けていた気がする。



この感覚が大切だと思ってた


そんな時期を越えて、高校、大学を進んでいく。

淡い希望だった「人生山あり谷あり論」はそこそこに合っていて

楽しいキャンパスライフだったんだと思う。


大学ではテニスサークルに入り

周りと同じように踊るだけで十分楽しかった、そう、それは全然間違ってなくて。


みんなの読んで良かった!