母親に感謝している事

1 / 3 ページ

つい先月の事


部活の合宿でみんなでクイズ番組のQ様を見ていた 


文学や歴史ほコーナーで

「清少納言!!」

「アンネフランク!!」

「この人知ってる‼︎」


昔読んだ偉人の伝記に載ってた人々と対面できてるようで

楽しくなってる自分に

大学の教授が

「真裕子すごいな!」

と、ひとこと


普段は全く勉強への意欲が向かず努力はできないが、知識は人よりあることを認めてもらえた気がした(大学Fラン)



昔読んでたその伝記は、母から小学校4年のわたしへのクリスマスプレゼントだった

当時のわたしは周りの子がキラキラしたドレスだったり流行りのゲームをプレゼントしてもらっている子が羨ましかった

「なんでうちんちは、毎年本なの?」

母に尋ねた

何と返事をしてくれたかは覚えてないが、

欲しいものは別の時に買ってくれたから特にそこまで不満ではなかった


保育園のときは、ネズミのメイシーの立体的な仕掛け絵本をもらった

擦切れるまで遊んだ

小学校は伝記をもらって調べ学習で重宝したり、いつかお札に載るようになりたいなんて夢見たり

当時集めていた妖精のカラフルな絵本をもらったときは、表紙がすごく好きで全冊カバンに入れて学校の机の左側にかけて友達に貸してた

高学年には百人一首のちびまるこちゃんの解説本をもらい、恋愛の句を読み漁り楽しみ

血液型の本をもらったときは、友達が家に来たとき開いて盛り上がったり

中学でイモトアヤコさんの本をもらって、自分に照らし合わせてみたり


去年は松岡修造の本をもらい、彼が暑いだけではなく努力の人だと知った


覚えていない本もあるけど、保育園でもらったクリスマスプレゼントを覚えているのはすごいと思う!


クリスマス以外にも、たくさん本に接する機会があった

いとこの家からもらったや百科、図鑑、世界地図、歴史漫画、料理の本


わたしの家にはいつの間にか本棚に本があったし、父や母と本屋に行く事も多かった


父は四季報か週刊誌しか買っていなかったけど、母はいろいろなジャンルの本を読む人で、図書館にもよく行く人だ

みんなの読んで良かった!