『ペ●スノート』:Page 6「憤怒」

1 / 7 ページ

前編: 『ペ●スノート』:Page 5「嘘」
後編: 『ペ●スノート』:Page 7「緊迫」


目路人(めろと) 虹空(にあ)の策略(いや、策略というよりかは純粋な好奇心の持ち主であるが故に起きた必然的事象と表現する方が正しいだろう。)により、死神はうっかり”生前は「ほもたろう」という名前だった。”というf**kin'ダサい事実を洩らしてしまった。






「いや、ウ、ウソだッ!!!オレは『ほもたろう』だなんて名前じゃねェ!!!!」




死神は必死の代弁をかます。





「インや〜、さっきのは心を揺さぶられまくった故につい言い洩らしてしまったボロだとか本音だとかそういった類だMOん!だからお前はリ・ユークだなんて二番煎じじみた名前なんかではなくて本当は”ほもたろう”って名前なんでshow???」





虹空は猶予を与える暇もなく死神を突き詰める。彼の好奇心は、快楽殺人者が振り回すナイフよりも、テロリストがぶっ放す銃弾よりも容赦なく相手を傷つける危険物である。







「わ・・・・罠だ!!これは罠だ!!誰かがオレを陥れるために仕組んだ罠だ!!!」





もはや、虚しく惨めな反論でしか対処する余地がない死神である。しかし、それでも虹空は休む間もなく突っ込んでいく。





「罠というより、あなたが勝手に自爆しただけなんですがそれは」





みんなの読んで良かった!