『ペ●スノート』:Page 8「哀歌」

1 / 2 ページ

前編: 『ペ●スノート』:Page 7「緊迫」
後編: 『ペ●スノート』:Page 9「怒気」

虹空(にあ)一行は、大きな音のした現場へ向かった。そこには……車に轢かれて無惨な姿となった娘撫(んこぶ)がいた。



虹空は、恐る恐る剣(ないと)に視線を移した。……剣は膝から崩れ落ちて、頭を抱えていた。



「……そんな…………そんな」




剣は、手に顔を覆い、ひたすらボソボソと呟いていた。よく見ると、涙が滴っているようだ。

一行は、より重い空気に包まれた。ヌークも死神も虹空も、ただ黙っているしか術がなかった。



「......僕のせいだ......僕のせいだ......」



剣はただ、泣いていた。妹の死に、涙した。



「......あれは、もう……不可抗力だろ……」



虹空がなんとなくボソっとつぶやいたが、何を言ったところで、剣の状態が変わることはないし、一人の命が消えてしまった事実が変わることはない。

一行は、娘撫の遺体と共に、心的外傷により生気が9割失われた状態にある剣を運び、多田(たた)家に戻ってきた。




死神は、一先ず剣の個室に向かい、剣をベッドの上に座らせた。相変わらず、剣は俯いたままだ。






「・・・・・・調子は・・・・どうだ?」




死神はなけなしの言葉を剣にかけた。しかし、たったそれだけで剣余計な事を言ったがためにかえって剣を傷つけてしまうことも考えられる今は、こうして数少なく無難な言葉をかけることでしかできなかったのである。剣は、依然として沈黙を貫いたままだ。






「・・・・・・とりあえず虹空たちの様子見てくっからよ。・・・・しばらく休んでな。」




死神は剣の部屋を後にし、虹空たちの居る場所を探した。






しばらく探していると、キッチンに虹空たちの姿を発見した。さらに近づくと、娘撫の遺体が台所の上に置かれていた。・・・・まるで、これから調理される食材のように。






「お、おい虹空、その子を一体どうするつもりなんだ・・・・?」




死神は恐る恐る虹空に問いかけた。それに対しての虹空の回答は、実に明快だった。








「これから調理します。」




「・・・・ は?」




死神は空いた口が塞がらなかった。この状況で、発せられることはないだろう言葉が虹空の口から放たれたのだから。








「・・・・調理するっつったな。・・・・何を調理するつもりなんだ?」




「そりゃ見たらわかるでしょ。これから娘撫ちゃんの遺体を調理する。そして、それを使ったね、す~ンばらしィ料理を作ります。」




「・・・・はぁ!?」






死神は、虹空の神経を疑った。同じ種族の肉を食べるだなんて、死神界や疫病神界ですらも御法度・・・・いや、死神界では死罪に値する。そのようなことを何も思わずに実行に移そうとする虹空を理解できなかった。








「おめェ・・・・そんなことやっていいとでも思ってんのかよ!?」




「そりゃあ本来はダメに決まってるさ。でも今回は例外(レア・ケース)なの。おわかり?」




「・・・・わからねェ。全くわからねェ。」


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。