年収100万円時代の超格差社会を生きるためにはガラパゴスマインドが重要です。

3 / 3 ページ

そうゆう仕組みの既得権益というのは  



お金持ちの人たちが握っているので、


その人たちが全員死ぬとか しないかぎり 



まず変わることはないでしょう。 



アメリカでは宇宙旅行とか 地下のシェルター施設なんかが



大富豪の人たちに  人気があるようですが  



それって言うのは  



地球そのものが 壊れていくとわかっているから


そのための準備をしているわけです。 




まさに  Day After Tomorrowみたいに 


なってしまう恐れがあるわけです。 




環境破壊と言いますが



地球破壊は  イギリスの産業革命を皮切りに 


一気に加速していきましたからね。 




だって まだ200年ぐらいしかたっていないのに 



もうこれだけ地球を破壊しているわけですよ。 




二酸化炭素が本当に原因かどうかは ともかく 



地球の温度が上がっているのは事実ですし 



オゾン層だって破壊されて  


宇宙エネルギーを大量に浴びているし 


もう色々破壊しているわけです。 




人間とは  本当におろかな生き物なんだと  つくづく感じてしまいますよね 



だって  自分たちで壊しておいて、それに気づかないわけですから




動物たちの方がよっぽど、それに気づいていますよ。 



人間はまだ、それに対処できる方法がありますけど 



動物たちは対処できないから  なんとも切ない気持ちになりますね。 



本能的に気づくことはできても、どうしようもなく 絶滅してしまう。 




まぁー切ないね。





2015年は 破壊の年になりますよー   って 



去年も言いましたけど 




どうやら  2016年も 破壊の年になる感じですね。 





まぁ破壊であろうと 創造であろうと 何でもあろうと 



僕たちが進化しなければ  どっちにしろ  生きてはいけなくなるわけですから 




日々 己の刃を研ぐことを忘れてはいけないのです。 




DEAD OR ALIVE を決めるのは 



日々の習慣です。  



習慣の違いが今後の生死を決めるのです。 




ということで  




よかったら  シェアしてくださいませ~~~~ 












著者の大森 拓也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。