生き様と死に様と絶望と

1 / 6 ページ

 


・絶望の起源


人生とは 何なのか 


生きるとは何なのか 


こんなことを ふと考えてしまうときがある 


だが 考えすぎないようにもしている 


なぜなら 考えすぎると 


必ず ネガティブなほうにいってしまうからだ 


最初からベクトルが絶望方向へと 向かってしまう 自分がいる 


なぜ そう考えてしまうのか 


やはりそれは 子供のときの経験がそうさせているのかも知れない 


色々あったが かなりの絶望感を子供ながらに抱いていた自分がいた 


そして それが具現化するようになったのが 


多分 中学生のころだろう  


多分といったのは 中学生の頃の記憶がほとんどないからである 


まさに空白の3年といえる時期だったが 


そのときに初めて 死というのを考えるようになった 


それは自分の死についてだ 


多分そのころに初めて 僕は人の葬式にいった 


そして初めて 骨を拾ったのである 


その経験も少なからず影響しているのかも知れない 


なんで 人を燃やす意味さえもわからなかった 


そのときに初めて 死を見つめたのだ 


これが 死ぬということなのか 


しかし 死んだからと言って 周りの人たちは 


あまり動揺している様子はなかった 


もちろん 何人かの人は泣いていたが 


なんか 殺伐としている雰囲気だった 


僕も初めての経験だったせいか 


涙は出なかった 


しかし 葬式というのは 実に不愉快な場所だという違和感を感じていた


葬式というのは いろんな人が集まる 知らない親戚までも集まる 


特殊な式だ 


葬式だというのに よくそんなに楽しく宴会をできるとも思っていた


しかし それは子供たちも同じだ 


周りには僕を含めて 中学生や小学生がいたが 


楽しそうに遊んでいた 


そこで思ったのだ 


葬式なんて 開くべきではないと 


僕が死んだら もちろん 葬式なんてなくてもいいし 


お墓もいらない 無縁仏でも十分だ 


ただ 死んだときに 


ZONEの歌をBGMにしてくれれば それでいいと思っている 


その体験もある種 絶望といえる体験だった 


人間の本質とはリバースである と


誰かが言っていた 


つまり 逆のことを求めているのだと  


それは結構あたっていると思う 


生きている人間は死にたがり 


死にそうな人間は生きたがるものだ 


これは動物の中でも人間が起こす奇妙な心理状態である 


死にそうな人間は生きたがるのは わかるが 


問題は前者だ 


自殺とは 自分を殺すことだが 


自分を殺すとは実に勇気がいることである 


自殺経験がある人は多分わかるだろう 


僕の場合は自殺をしなかったわけではなく 


自殺に失敗しただけなのだ 


このことは親もだれも知らない真実だ 


そんな真実を誰が見ているかもわからない人に公開する理由は 


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。