【イギリスで出版2話】イギリスで強制送還

1 / 2 ページ

前編: 【イギリスで出版1話】アラサー女の体験記•夢の海外出版!!イギリスで人脈0からのスタート‼︎
後編: 【イギリスで出版3話】アフリカ人の友人が背中を押してくれた話



忘れもしない、2015年、11月25日。…魔の日。


東京〜モスクワ 10時間25分。

乗り継ぎ 2時間15分。

モスクワ〜ロンドン 4時間15分。


計16時間55分。


ほぼ17時間掛けてイギリスへ辿りついた。


入国どころか行くだけで長い時間。



モスクワで無性に喉が渇いたけれど、モスクワのお金を持っていないので、クレジットカードでオレンジジュースを買って、トランジットの時間を過ごした。



モスクワからイギリスに行く飛行機は三列シートでわたしは窓際。隣の大きな男性2人のうち1人は英語が何一つわからない様子。


もう1人の男性曰く、2人はモスクワ出身で、友人同士。数日間イギリスに観光旅行するとのこと。


後から知ったけど、モスクワの人って英語がしゃべれない人も多いらしい。


Where are you from?すら通じなかった…^^;


そんなんで観光旅行大丈夫なのかな?と他人の心配をしていたわたし。


この数時間後にわたしの身に何が起こるかも知らずに…


準備万端‼︎イギリスに長期滞在に必要な○○○○も購入済みだったのに!


日本では国際的なシェアハウスに住んでいたわたし。


オランダ人のシェアメイトからのアドバイス通り、日本への帰国チケットも購入済み。


このチケットがないと観光ビザでは、入国審査にひっかかるとのこと。


しかも、預金通帳も英語で翻訳したものを持って行って完璧だった。


わたしって完璧と思いながら入国審査を並んで待っていた。


みんなの読んで良かった!