大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ⑥

1 / 6 ページ

前編: 大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ⑤
後編: 大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ⑦

【第3章_新たな仲間たちとともに、次のステージへ。

             〜刺し子糸が紡ぐ縁〜 】



[ 刺し子さんからの申し出。〜商品化の作業を現地へ〜 ]


立ち上げから2ヵ月が過ぎた頃には、刺し子プロジェクトは口コミにより

大槌町内でも徐々に認知されていき、

新規刺し子さんの募集を兼ねた「刺し子会」も、たくさんの参加者で賑わうように。

・ 仮設住宅にテレビを買った。

・ 孫や子どもにお小遣いをあげられるのが助かる。

・ 嫁にお米を買ってあげた。

・ 結婚の決まった孫にお祝いを渡せることが嬉しい。


多くの刺し子さんが仮設住宅に移り、生活面・収入面に大きな不安を抱える中、

刺し子で得られる収入をとても喜んでくれていました。

膨大な作業に追われ、今のままでは回らないと危機感を持っていた吉野が

SOSを出したり、何かを頼ったりすると、快く引き受けてくれる刺し子さんたち。

「そんなの、もっと早く言ってよ!」と言われることもあったそうです。


そのうち、アイロン掛けやNG品の修正、新規刺し子さんへのレクチャーなどを

刺し子さんたちが自発的に協力してくれるようになりました。



<アイロン作業を手伝ってくれる刺し子さん(左)と、ベテラン刺し子さんによるレクチャー(右)>


それもすべて、身を粉にして働く吉野や秋田、現地スタッフのひたむきな思いが

刺し子さんの心に届き、信頼関係を築くことができた結果なのだと思います。

これにより、少しずつスタッフの負担が、対応可能な範囲になっていきました。

「刺し子プロジェクトがなくなると私たちも困るから、一緒にがんばっていきたい」

スタッフと刺し子さんが集まって行われた初めてのミーティングで、

刺し子さんたちから出た言葉です。

この活動が刺し子さんたちに必要とされていることを、改めて強く感じることができました。


[ 本舗飛騨さしこさんの協力。 ]


遡って2011年7月。

スタッフの小杉は、岐阜県は飛騨に向かっていました。

当初、手芸品店で資材の調達をしていましたが、生産量が増えるにつれて、

コースターに使用していた生地が廃番になるなど、材料の安定した確保が難しくなっていました。

そんな中、本舗飛騨さしこさんが私たちのプロジェクトを知り、コンタクトしてきてくれました。

当時の担当者、二ツ谷淳さんと久保・小杉のSkypeミーティングを経て、

飛騨さしこさんがプロジェクトへの協力を申し出てくれることに。

不安定だった資材の調達に風穴が開き、ふきん・コースターの布と糸を

飛騨さしこの刺し子専用糸に変更することができました。

また、飛騨さしこさんでは9月から“支援糸”と称して、

みんなの読んで良かった!