大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ⑦

1 / 9 ページ

前編: 大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ⑥

【第4章_バトンタッチの難しさに直面。それから。】


[ 2012年1月。Tシャツ発売 ]


2012年1月には、その後の刺し子プロジェクトの象徴的な商品ともなる、

「モビールTシャツ」が発売開始となります。


コースターとふきんは、販売しても利益がほとんど出ず、

事業の継続・安定のためには、適正な利益を出せる商品が

どうしても必要だったという現実もあり、

プロジェクトにとって重要な意味を持つ商品となりました。


また、このTシャツは、コンサートの企画制作などを行う

ハンズオン・エンタテインメントのマーチャンダイジングセクションである、

アクアのみなさんに制作をお願いしました。

ハンズオン/アクアさんは、震災時、大槌での春物衣料の深刻な不足を相談したところ、

即決で1,000枚もの衣類を購入し、避難所へ届けてくださった会社です。

あれから約9ヵ月を経て、改めてご縁がつながり、

そして、その後もプロジェクトの多くの商品に関して、

頼もしいパートナーになってくださっています。


「モビールTシャツ」と名付けられた新商品は、

飛騨さしこさんの虹色の「段染め糸」をポイントに据え、

大槌の町の鳥・かもめ、町の魚・サケ、町の花・つつじが

モビールで吊られた、カラフルでインパクトのあるデザインに仕上がりました。


<プロジェクトを象徴する商品となった、「モビールTシャツ」。

段染め糸がホワイト・グレー・ネイビーのボディに映える、人気商品となりました>


このTシャツは、後に、イベント販売の大きな柱ともなる

野外音楽フェスティバルでの出店において、本当に多くのお客さまに

お買い上げいただくことになります。

ふと目にしたテレビで、モビールTシャツを着用したお客さまが映ったことも。

このTシャツも、刺し子プロジェクトの初期を象徴する、

忘れられない商品となりました。


[ 2012年2月。飛騨さしこさん、大槌へ。 〜一気に伝統柄に傾くスタッフと刺し子さん〜 ]


2月には、飛騨さしこの3代目、二ツ谷淳さんがアメリカから長期で大槌に入りました。

運営を立て直すこと、刺し子のレクチャー、人間関係のフォローなどを目的としていましたが、

これが思わぬ影響を与えることに。

本来、年配の女性たちは「刺し子」といえば

伝統柄が一面に刺されたふきんなどを思い浮かべます。

みんなの読んで良かった!