大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ⑤

1 / 3 ページ

前編: 大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ④
後編: 大槌復興刺し子プロジェクト 「東京チーム」ヒストリー ⑥

[ いいことばかりはありゃしない。 〜オーバーキャパシティ、トラブル続きの日々〜 ]


一方で、避難所だった中央公民館を中心に活動していた大槌では、

吉野が6月から「NPO法人テラ・ルネッサンス」に雇用され

職員として、刺し子業務を続けられることになっていました。

テラ・ルネッサンスは、京都を拠点とし、子ども兵や地雷などの課題に取り組む認定NPO法人です。

震災以降、遠野を拠点に物資の支援などを行っていたテラ・ルネッサンス。

東北での次なるアクションを模索していた創設者の鬼丸昌也氏が

旧知の中であった吉野の活動を知り、雇用を申し出てくれたのでした。


また、テラ・ルネッサンスのインターンとしてやってきた

秋田桃子(あきた ももこ)や地元の青年・関もスタッフに加わり、

日々の生産に取り組んでいました。


7月。ようやく避難所から仮設住宅への移行が進んではいたものの、

まだ大槌には住む場所などない時期です。

隣接する…と言っても車で1時間もかかる遠野市に居を構えた吉野らスタッフ。

曲がりくねった峠を越え、往復2時間をかけて大槌まで通う毎日でした。


<当時の遠野事務所。民家をお借りして、事務所として使用していました>


この頃の大槌で行われていた日常業務は、次のようなものでした。

まず、材料の配布。

ふきん、コースターそれぞれに布を適正なサイズに裁断し、チャコペンで下書きをして

刺し子の糸を添えて刺し子さんたちに渡します。

そして、刺し子商品の買い取り。

その場で数を数え、現金を手渡していました。

次に、検品、B級品の修正、在庫管理。

そのまま販売できるクオリティかどうかをチェックし、

直さなければ売れない箇所や、仕様と違う部分、刺し忘れなどに手を入れます。

もともと手先が器用だった秋田に加え、裁縫をしたことのない吉野も、

必要に迫られてどんどん上達していきました。

そして、これまた重要な、新規刺し子さんの募集。新たな参加者への対応。


日々の業務は、すべてが経験のない不慣れなものだったことに加えて、

避難所の閉鎖により、それまではある程度まとまっていた刺し子さんたちが

バラバラに離れた仮設住宅に入居したことで

通常業務はさらに時間と手間がかかるようになり、

スタッフは常に山積みの業務に追われる日々を送っていました。


避難所が閉鎖された後の刺し子会は、大槌町内の仮設の集会所を借りて、

場所を転々としながら行っていました。

みんなの読んで良かった!